小金井市,武蔵野市,調布市,立川市,八王子市などの水道工事,水漏れ,トイレつまり修理

練馬区のトイレつまり修理料金と工事例

トイレつまりは一瞬で発生します。便器にものを落として、あ! と気が付いたときには時すでに遅し。そして、高い確率でつまります。業者に修理依頼をしようにも、いくらくらいで修理ができるのかわからない方も多いかと思います。このページでは、当社が実際に行ったトイレつまりの修理事例をご紹介。修理費用も記載していますので、だいたいの相場をお知りになりたい方はぜひご参照ください。

トイレつまりの修理事例「オムツ」

オムツがトイレにつまるトラブルは珍しいことではありません。高齢者や認知症のご家族がいらっしゃるご家庭では、大人用紙オムツや尿取りパットがトイレにつまることが少なくありません。さらに繰り返すことも。
さて、この項目では、当社が行ったオムツによるトイレ詰まりの修理事例をご紹介しますので、ぜひご参照ください。

練馬区にお住まいの新規お客さまから「トイレにオムツが詰まったので、修理に来てほしい」との電話が入りました。すぐに練馬区の現場にかけつけて、詳しい事情をおうかがいします。
このご家庭では、認知症を患っていらっしゃる高齢のご家族がいるとのこと。通常は認知症のご家族の方のトイレには、付き添いをしていらっしゃるそうです。しかし、夜中は対応が完全にできていないそうです。この日の深夜にトイレを使用され、オムツを流してしまった可能性があるとのこと。
翌朝になって別の家族の方がトイレを使おうとしたところ、詰まりが発覚したそうです。すぐにインターネットで水道修理業者を探し、当社のホームページを見つけて依頼をくださいました。

介護は非常に難しく、完璧を求めることはできませんよね…。夜中まで24時間体制でトイレまで付きそうのは非常に困難かと思います。

まずはこのお宅トイレを点検してみることにしました。点検の目的は、適切な修理を行うためです。最適な修理方法を選択するためにも、この点検は必ず行う作業です。

点検したところ、トイレ便器を床面から取り外して修理を行う必要があると判断しました。お客さまに修理費用のお見積り(税込み28,400円)をご案内し、具体的な修理方法もご説明いたしました。すぐにお客さまから同意を得ることができましたので、すぐに修理作業をはじめます。

便器と床面との固定をはずして、便器を床面から取り外します。取り外すと下の画像のような状態になっていました。

オムツつまり

(※衛生面の都合上、一部画像を加工しました)

画像中央に、黒いフチのグレーの筒状になったパーツがあるのがお分かりいただけるかと思います。こちらは排水ソケットと呼ばれるパーツ。この排水ソケットはさまったオムツを取り出し、トイレ便器を元に戻します。
取り付けネジの固着や空回りがあり、作業は2時間近くもかかりましたが追加料金の発生もなく無事に完了してよかったです。
最後に水が問題なく流れ、つまりが解消されていることをお客さまと一緒に確認。お客さまもほっと一安心されたご様子でした。

さて、トイレつまりの原因はオムツだけとは限りません。次はどなたでも起こりうるトラブルをご紹介しますので、見てみましょう。

 

トイレつまりの修理事例「スマホ」

「トイレにスマホを落としてそのまま流してしまったので、修理に来てほしい」というご連絡がお電話でありました。
スマホのトイレトラブル…近年では増えているのです。
こちらも練馬区内の先ほどとは別のお宅。現場に修理訪問をして、当時の状況を知ることができました。

お客さまはこの日ズボンの尻ポケットにスマホを入れていたそうです。トイレのご使用後、便器洗浄をし、水が流れている最中にズボンをあげたところ、ポケットからスマホが落ちてしまったとのこと。嫌な音がして、振り返ると、あっという間に便器の排水口に吸い込まれていったようで、既にスマホは見えなくなっていたとおっしゃっていました。

家族との大切な画像はもちろん、重要な連絡先なども入ったスマホ。すぐに何とかしなくては! と思ったお客さまは便器に手を伸ばそうとしたそうですが、排水口からはまったくスマホが見えず、どうしたらよいかわからなくなり、ネットで見つけた当社に修理依頼をしてくださったのでした。

現場到着後にまず、点検をしてみます。

スマホが詰まったトイレの点検

見てみたところ、今回のお宅のスマホつまりは、便器を床面から取り外さずに修理ができそうでした。このことをお客さまにお伝えし、修理費用のお見積りの税込み13200円をご案内。スマホの画面は割れている可能性が高いことも併せてお伝えしました。すぐにお客さまから同意を得ることができたので、修理作業に入ります。

道具を使用してしばらく作業をしたところで、スマホを取り出すことができました。残念ながら、スマホの画面は割れていました。どうしても便器内は入り組んだ構造をしているため、画面が割れてしまうのです。スマホが割れてしまったことは残念そうでしたが、お客さまはこのようなことをおっしゃっていました。

「スマホが詰まったら水を流さないほうがいいとホームページに書いてあったので、実践した。そのお陰で便器を取り外さないで修理してもらえてよかった」と。

お客さまによると、つまり発生後、当社のホームページのブログ記事を呼んでくださったとのこと。つまりが発生したあとは、一度もトイレの水を流さずにいてくださったのです。このお陰もあって、便器を床面から取り外さずに修理ができました。ブログ記事がお役に立てて良かったと嬉しい気持ちです。

トイレつまりの修理事例「生理用品」

最後にもう1件だけ、練馬区で当社が行ったトイレつまり修理事例にお付き合いください。

「トイレ便器に生理用品を流してしまい、トイレが詰まったので修理に来てほしい」とのご依頼がありました。
現場に訪問をしたところ、お客さまが当時の状況を話してくださいました。

トイレ便器の上につっぱり棒状の棚を作り、トイレットペーパーや生理用品のストックを置いているそうです。普段通り、トイレ使用後に水を流しているときに、棚から生理用品のナプキンが落ちてしまい便器に流れていってしまったそうです。あっという間のことで、なす術がなかったとお客さまはおっしゃっていました。

まず点検をして、トイレつまりの状況を確認してみます。

ナプキンが詰まったトイレの点検

まずは屋外の排水管にまで流れていないか確認するために屋外の排水マスを点検してみます。屋外までは流れておらず、便器の点検も行ったところ、便器内でも排水口付近に近い部分に生理用品のナプキンが詰まっていることがわかりました。
このことをまずお伝えし、費用見積もりの税込み8,800円をご案内。お客さまから修理の同意をいただけましたので、作業に入ります。

圧力ポンプ

今回は手動式圧力ポンプを使用して修理をしました。排水口に圧力ポンプの先端をあて、ハンドル作業をしたところ、生理用品のナプキンを取り出すことができました。その後は、本当にトイレつまりが修理されているかチェック。水を流してみたところ、スムーズに流れていきました。

今回はオムツ、スマホ、生理用品によるトイレつまりでしたが、当社はどのようなつまりにも対応しております。また対応地域についても東京都23区および多摩地域全般、埼玉県と神奈川県川崎市の一部地域に対応しています。
トイレが詰まった時はどうぞお気軽にご相談ください。

 

ご相談・お申込み

フリーダイヤル:0120-341-321
メールフォームURL:https://tamasuido.com/mailform/

朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料・見積り無料

【対応地域一覧】
東京都多摩地域
東京都多摩地域を中心に周辺地域にも対応しています。
小金井市 / 国分寺市 / 三鷹市 / 西東京市 / 武蔵野市 / 小平市 / 東村山市 / 東久留米市 / 清瀬市 / 東大和市 / 立川市 / 武蔵村山市 / 昭島市 / 日野市 / 八王子市 / 町田市 / 多摩市 / 稲城市 / 狛江市 / 調布市 / 府中市 / 羽村市 / あきる野市 / 福生市 / 瑞穂町 /
東京都23区
練馬区 / 杉並区 / 世田谷区 / 板橋区 / 中野区 / 新宿区 / 豊島区 / 渋谷区 / 目黒区 / 品川区 / 大田区 / 港区 / 千代田区 / 中央区 / 文京区 / 北区 / 足立区 / 荒川区 / 台東区 / 江東区 / 墨田区 / 葛飾区 / 江戸川区

神奈川県
川崎市多摩区・麻生区 /

埼玉県
和光市 / 所沢市 / 新座市 / 朝霞市 /