小金井市,武蔵野市,府中市,小平市,八王子市など多摩地域と東京23区と川崎市対応の水道工事業者です。水漏れ,トイレつまり修理,キッチン、洗面所、風呂の排水つまりも即日対応

小金井市・小平市の蛇口交換のお申込み方法(手順)

小金井市に本拠地を置く当社にて小金井市と小平市の蛇口交換を承ります。

このページでは、小金井市・小平市にお住まいで蛇口交換をご希望のお客様に蛇口交換のお申込み手順をご紹介しております。また当社が行った交換工事例も記載しました。

お申込みはここでご紹介する手順で進めていただき、ご不明な点がございましたらフリーコール、またはメールにてお気軽にお問合せください。

キッチン・台所の蛇口、水栓の交換

キッチン・台所蛇口には色んなタイプがございます。

お客様宅でご使用中のタイプを確認していただいて、同じタイプまたは取り付け可能なタイプの蛇口への交換を承ります。

一般的に、ワンホール水栓、ツーホール水栓、壁付タイプの水栓があります。

ワンホールであれば、水栓取り付け部分に1つの穴が開いていて、そこに設置する水栓がワンホール水栓です。
ツーホールは、水栓取り付け部分に2つの穴が開いている場所に設置する水栓のこと。

壁付水栓とは、流し台の壁部分に設置するタイプの水栓です。
文章だけでは伝わりづらいので、画像をご覧ください。

【ワンホール水栓】
ワンホール水栓

上の画像がワンホール水栓です。

 

【ツーホール水栓】

ツーホール

上の画像がツーホール水栓です。

写真はレバー式ですが、回すハンドルが2つ付いた水栓もあります。

 

【壁付タイプ水栓】

壁付タイプ

水栓が壁についたタイプのことを壁付タイプと呼びます。

 

3つご紹介しましたが、特に覚えていただく必要はありません。
ただし、重要なこととして覚えていただきたいのが、「水栓の交換は、基本的に同タイプのものになる」ということです。

つまり、ワンホール水栓なら新しいワンホール水栓に、ツーホールなら同じツーホールに交換するのです。

繰り返しますが、交換をするのであれば同じタイプの水栓になることをご認識ください。

ちなみにメーカーは変更することもできます。(KVKからTOTOへ交換、など)
ただし、同じタイプの水栓であればどんな水栓にも交換できるというわけではありません。

サイズが合うかどうかなど事前に適合性を調べる必要があります。そのためにもまずメーカーや品番を知る必要があるのです。
では、交換の手順をご覧ください。

 

【交換お申込み手順】

1.メーカー名、品番を当社までお伝えください

キッチン水栓にはメーカーや品番が書かれているので、わかれば当社までお伝えください。
メーカー名、品番はキッチン水栓の根元などにラベルとして貼られていますので、お探しください。

しかし、ラベルが剥がれている場合や見えづらい場合もあるため、その場合はキッチン水栓の写真を撮影していただき、当社のメールフォームから送信をお願いします。

メールフォームはこちらです。

画像を元にしてメーカーや品番を特定し、適合する商品をお選びします。

2.お見積りのご連絡

当社から交換する蛇口の候補とお見積りをお伝えします。お申込みの際に交換希望の水栓を候補からお選びください。

3.商品取り寄せ

お客さまのご希望の商品を取り寄せます。自社倉庫に在庫がある商品の場合は当日の工事も可能です。

4.交換工事

お客さまの都合のよい日に交換工事訪問をします。

 

洗面所の蛇口、またはシャワー水栓の交換

さて、ここからは洗面所蛇口の交換について解説します。

洗面所水栓はワンホール、ツーホール、シャワータイプ、排水栓操作棒一体型があります。
言葉だけだと伝わりにくいため、画像をご覧ください。

【ワンホール】

ワンホール

上の画像がワンホール水栓です。

【ツーホール】

ツーホール

上の画像が洗面所ツーホール水栓です。

写真はレバー式ですが、回すハンドルが2つ付いた水栓もあります。

 

【シャワータイプ】

シャワータイプ

上の画像がシャワータイプで、こちらは洗髪に向いている水栓です。

【排水栓操作棒一体型】

ポップアップ式

上の画像が排水栓操作棒一体型です。

赤色丸印の部分が排水栓操作棒で、このように洗面ボウルの栓を操作する棒がついているものが排水栓操作棒一体型水栓の特徴です。

 

上記のように洗面所水栓といってもタイプはさまざま。すべてのタイプを覚えていただく必要は全くありません。

重要なこととして、洗面所水栓も同じタイプのものに交換となることとご認識ください。

つまり排水栓操作棒一体型であれば同じ排水栓操作棒一体型に交換するということです。

しかし、同じタイプでも適合しない場合もあるため、やはりメーカーや品番を特定する必要があります。

【交換お申込み手順】

メーカー、品番をお伝えください
まず、洗面所水栓のメーカー、品番をお伝えください。
さらに、蛇口の写真と洗面ボウル下の配管写真の撮影協力をお願いします。

洗面ボウル下配管についてくわしく解説いたします。

洗面ボウル下には収納があるかと思います。この収納扉を開けるとパイプがあり、これが配管です。この写真を撮影していただき、当社メールフォームより送信をお願いします。
収納内は暗いため撮影しても見えづらいことがあります。可能であれば洗面所の電気をつけた状態での撮影をしてください。

必要に応じて追加で写真撮影のお願いをすることがあります。ご了承ください。

風呂(浴室)の蛇口、カラン、またはシャワー水栓の交換

当社は風呂場水栓の交換もしています。タイプを見てみましょう。

【サーモスタット水栓】

サーモスタット水栓

上の画像がサーモスタット水栓で、右に止水吐水操作レバー、左が温度調節レバーがあるのが一般的です。

【壁付タイプ】

風呂場壁付

上の画像が壁付タイプの風呂場水栓です。

【台付タイプ】

台つき風呂場水栓

上の画像が台付タイプの風呂場水栓です。

 

キッチン、洗面所と同様に風呂場水栓も、既存の水栓を交換するなら同タイプの新品となります。

サーモスタット水栓なら同じサーモスタット水栓になるというわけですね。

【交換お申込み手順】

メーカー、品番をお伝えください
ご使用中の水栓のメーカー、品番をお伝えください。水栓の付け根などやや見えにくい部分にメーカーシール、品番ラベルがある可能性があります。
わからない場合は水栓写真を送っていただければ、当社でお調べいたしますので、画像送信をお願いします。

工事例

ここからは当社が実際に水栓交換をした事例をご紹介します。

小平市にお住まいのお客さまから「洗面所水栓が古くなってきたので新しいものに交換したい」というご連絡がありました。

メーカー名、品番をお知らせいただいていたため、すぐに適合する水栓を紹介することができました。交換費用のお見積もりと合わせてご案内し、ご希望の水栓をお聞きした上でお客さまからお申込みをしていただきました。

新品の水栓を持参して交換工事訪問をします。

お客さまいわく、洗面所水栓が古くなり、ホースが傷んできて水がもれているそうです。そろそろ水栓を交換しようと家族で話し合い、業者を呼ぶことになったとのこと。

たまたま数年前に水もれ修理で当社を呼んでくださっていました。知らない業者に依頼するよりも、信頼できる知っている業者にお願いしようとなり、リピートでご依頼をしてくださったのです。いつもありがとうございます。

下の画像が今回の洗面所水栓です。

交換前洗面所水栓

品番撮影

洗面ボウルの角部分に設置されているタイプの水栓でした。

お客さまからは、すでにお申込みをしていただいていますが、念のため作業方法などをお伝えして同意を得た上で交換工事をしました。

交換後洗面所水栓

洗面所水栓が新しくなりました。同タイプの水栓となっているので、使い勝手は変わりませんが清潔感がより増したかと思います。

交換工事後は、問題なく水が出るか、水もれはないかと細かく点検をしましたが、特に問題はありませんでした。

当社はキッチン、洗面所、風呂場、洗濯用の水栓交換をしています。
お気軽にご相談ください。

 

ご相談・お申込み

フリーダイヤル:0120-341-321
メールフォームURL:https://tamasuido.com/mailform/

朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料・見積り無料

【対応地域一覧】
東京都多摩地域
東京都多摩地域を中心に周辺地域にも対応しています。
小金井市 / 国分寺市 / 三鷹市 / 西東京市 / 武蔵野市 / 小平市 / 東村山市 / 東久留米市 / 清瀬市 / 東大和市 / 立川市 / 武蔵村山市 / 昭島市 / 日野市 / 八王子市 / 町田市 / 多摩市 / 稲城市 / 狛江市 / 調布市 / 府中市 / 羽村市 / あきる野市 / 福生市 / 瑞穂町 /
東京都23区
練馬区 / 杉並区 / 世田谷区 / 板橋区 / 中野区 / 新宿区 / 豊島区 / 渋谷区 / 目黒区 / 品川区 / 大田区 / 港区 / 千代田区 / 中央区 / 文京区 / 北区 / 足立区 / 荒川区 / 台東区 / 江東区 / 墨田区 / 葛飾区 / 江戸川区

神奈川県
川崎市多摩区/ 麻生区 /宮前区 / 横浜青葉区 / 相模原市 /そのほかの神奈川県内は応相談。

埼玉県
和光市 / 所沢市 / 新座市 / 朝霞市 /志木市 / 富士見市 / 三芳町 / 戸田市 / さいたま市 / そのほかの埼玉県内は応相談。