東京都・埼玉県の流し台と3点式ユニットバスのトイレ交換、洗濯機まわり工事

凍った水道管が破裂して水漏れがしているときの対処法と修理(凍結)

屋外の北側に位置する水道管や給湯器近くの水道管は冬場に凍結破裂しやすい傾向にあります。

水道業者が当日に訪問できる場合はすぐに修理をすることができますが、依頼件数が多い場合は数日かかることもございます。その場合はご自分での対処が必要です。

凍った水道管から水漏れがしているときの対処法を記載したのでご参照ください。

止水をして、水抜き弁がある場合は水を抜く

最初に止水(しすい)をしましょう。

最初に水を止める作業をする必要があります。

【止水方法】

水道元栓(もとせん)を使用して止水をしましょう。水道元栓はご自宅敷地内の地面にあります。多くの場合は「量水器」と書いてある青色の四角いフタの中です。水道メーターと一緒に水道元栓があるので、探してみてください。

水道元栓をしめると水が止まります。

マンションの場合は、玄関扉の左右どちらかにある金属製の収納扉内に水道元栓があることもあります。

集合住宅の場合は、誤って別の部屋の水を止めないように気を付けましょう。

水抜き弁(水抜き栓)がある場合は、水を抜いてください。

水道管内に水が残っているとより凍りやすくなります。水抜き弁がある場合は抜いておきましょう。

【水抜き弁とは】

給湯器の水抜き弁は冬場の水道管凍結予防のために設置されています。ご自宅の給湯器にあるか確認してみてください。集合住宅の場合は管理会社に確認することをおすすめします。

水道屋が修理に来るまで日数がかかる場合の対処法

地域によっては冬場は水道管の凍結が多く、修理業者に依頼が多く来ることがあります。この時期に修理依頼をしていただいても、すぐに訪問できないこともあるのです…。
(わたしたちは可能な限り即日対応を心がけておりますが、予約がたてこむとどうしてもお待ちいただくこともあります。ご理解をお願いします。)

水道屋(修理業者)が修理に来るまで日数がかかる場合は、ご自分で対処をしてください。

アーロンテープ

上の画像はアーロンテープと呼ばれるテープです。

水道管が水もれをしている場合は、その箇所にこのアーロンテープを巻きつけて対処をしてください。
商品によって差はありますが、だいたい-50度から200度まで耐えることができるのが特徴です。

耐寒性、耐暑性が抜群で、冬の寒い時期に屋外で巻いても問題ありません。
アーロンテープはテープ同士が癒着するため、きつめに水漏れ箇所に巻き付けると穴をふさぐことができるのです。

【アーロンテープの巻き方】

水漏れしている水道管の表面をぞうきんなどで拭いて、汚れを取ります。
アーロンテープを30センチ前後カットをして、引っ張りながら強くしっかりと水道管に巻き付けてください。
水漏れ箇所を中心に巻くようにしましょう。

アーロンテープの価格相場はだいたい1000円から2000円ほどです。インターネット上でも売られていますが、急ぎの場合はホームセンターで探してみてください。

なお、アーロンテープは自宅内のキッチン、風呂場、洗面所などの蛇口の水漏れにも利用ができます。値段が高すぎることはないため1つ持っているとよいでしょう。

アーロンテープはマスキングテープに見た目がよく似ていますが、マスキングテープでも代用することはできるのかと気になる方もいるかと思います。

結論から申し上げると、マスキングテープは水漏れの補修に不向きです。

こんなときは水道管の凍結にご注意ください

【-4度以下になるとき】

一般的に外気温が-4度以下になると水道管の凍結リスクが上がります。天気予報などで-4度以下になる日が続く場合は凍結に注意をしてください。

【旅行などで不在にするとき】

冬場に旅行などで不在にして水道を長期間使わないと、水道管が凍結しやすくなります。特に年末年始の帰省では注意が必要です。

今後の凍結対策

水道管の凍結による水漏れを起こさないためにご家庭でできる凍結対策をご紹介します。

【保温材を巻きなおす】

凍結を予防するためには、水道管を保温する必要があります。
保温材を巻きなおしましょう。

保温材の価格相場は2mあたり200円から600円です。

保温材がない場合やすぐに用意できない場合は、使い古したタオルでも代用することができます。タオルを巻いても…と思うかもしれませんが、何もしないよりかは断然よいです。タオルでもよいので対策することをおすすめします。

【保温材・タオルの巻き方】

タオルなど保温材を水道管に巻き付けます。巻き付けたらビニールテープやビニールひもなどで留めてください。雨や雪が降っても保温ができるように、ビニール袋をかぶせることをおすすめします。ビニール袋はゴミ袋や買い物袋で問題ありません。

保温材であれば雨にも強いので、寒い地域に住んでいる方は購入することをおすすめいたします。

保温チューブというものもあります。

保温チューブ

上の画像は保温チューブです。切れ込みが入っているウレタン製のパイプです。切れ込みから水道管にはめて固定をすることができます。

保温チューブは雨や雪にも強いため、寒い地域に住む方や過去に水道管が凍結したことがある方は買っておくとよいでしょう。

【水道凍結防止帯を巻く】

水道凍結防止帯

上の画像は電源コンセントに差し込んで使用する水道凍結防止帯です。

こちらは水道管凍結予防用のヒーターです。商品によって温度は異なりますが、一定の温度まで下がると通電して、あたたまると自動で停止します。

温めることで水道管の凍結を予防するものです。

価格相場は4000円から10000円ほどです。気温が下がる前に買っておくとよいでしょう。

【水を少しだけ出しておく】

夜間に水を少しだけチョロチョロと流しておくと、水道管の凍結を予防することができます。

水がもったいないと感じる方もいらっしゃいますよね。チョロチョロと出した水をバケツにためておいて、その水は洗濯などに再利用すると無駄なく使用できます。

 

水道管が凍結したら不便なことも多いため、すぐに修理業者を呼ぶことをおすすめします。「あちこちで水道管が凍結して依頼が多く、すぐに修理訪問ができない」と言われてしまったら、ここで記載した対処法をお試しくださいね。

お申込みの内容にもよりますが、多くは破損した水道管の一部を交換して修理をしています。

何かあればお気軽にご相談ください。

 

ご相談・お申込み

フリーダイヤル:0120-341-321
メールフォームURL:https://tamasuido.com/mailform/

朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料・見積り無料

【対応地域一覧】
東京都多摩地域
東京都多摩地域を中心に周辺地域にも対応しています。
小金井市 / 国分寺市 / 三鷹市 / 西東京市 / 武蔵野市 / 小平市 / 東村山市 / 東久留米市 / 清瀬市 / 東大和市 / 立川市 / 武蔵村山市 / 昭島市 / 日野市 / 八王子市 / 町田市 / 多摩市 / 稲城市 / 狛江市 / 調布市 / 府中市 / 羽村市 / あきる野市 / 福生市 / 瑞穂町 /
東京都23区
練馬区 / 杉並区 / 世田谷区 / 板橋区 / 中野区 / 新宿区 / 豊島区 / 渋谷区 / 目黒区 / 品川区 / 大田区 / 港区 / 千代田区 / 中央区 / 文京区 / 北区 / 足立区 / 荒川区 / 台東区 / 江東区 / 墨田区 / 葛飾区 / 江戸川区

神奈川県
川崎市多摩区/ 麻生区 /宮前区 / 横浜青葉区 / 相模原市 /そのほかの神奈川県内は応相談。

埼玉県
和光市 / 所沢市 / 新座市 / 朝霞市 /志木市 / 富士見市 / 三芳町 / 戸田市 / さいたま市 / そのほかの埼玉県内は応相談。