小金井市,武蔵野市,調布市,立川市,八王子市などの水道工事,水漏れ,トイレつまり修理

トイレつまりが何度も再発する原因はコレだった!

トイレつまりが何度もくり返して再発することは珍しくはありません。このページでは、トイレつまりが再発する原因や、実際に何度もつまりトイレを修理したときの事例、ご家庭でできる対処法について記載しています。

トイレつまりが何度も再発する原因とは

先日にトイレつまりの修理をしたばかりなのに、また再発…!?そんなご経験はありませんか。実は、トイレつまりを繰り返してしまうご家庭は少なからずあります。ここでは、トイレつまりが何度も再発する原因についていくつかをご紹介します。

【トイレ排水管がつまっている】
トイレ便器内の水や排泄物は、便器内を経て、トイレ排水管へと流れていきます。このトイレ排水管は、つまることがあるのです。毎日使うトイレ。排泄物も毎日流しますよね。トイレを毎日使用するにつれ、少しずつ、排泄物などが排水管の内側につきます。水が通る隙間があれば、つまることはありませんが、水が流れにくいほど付着物によって排水管内部がすきまなく埋め尽くされると、トイレ排水管がつまります。
トイレ便器内を何度修理したところで、トイレ排水管が詰まっていれば、根本的な修理には至らずにトイレつまりが再発するのです。
以前、当社が過去に修理した事例をここで簡単にご紹介します。以前ご依頼してくださったお客様は、ご病気が原因でトイレ便器で繰り返して嘔吐されていました。この嘔吐が原因でトイレが詰まったのです。食べ物には油が含まれています。その少しの油が、何度もくり返して嘔吐することで、排水管内部に付着したのです。この付着がたまったことでトイレが詰まったのでした。トイレ排水管のつまりは排泄物だけとは限らず、吐しゃ物による詰まりもあり得ます。

【排水管の勾配がくるっている】
水は高いところから低いところへ流れていきます。トイレ排水管も水や排泄物が逆流をしないように、流れる方向へ流れるべく設計されています。この勾配がくるってしまうと、水がスムーズに流れていかず、トイレがつまることがあるのです。勾配はちょっとしたことがきかっけで、くるうことがございます。例えば、地震。地震で地面にズレが生じたことで、この排水管の勾配もくるってしまうのです。

【トイレの故障】
トイレそのものが故障していることも考えられます。トイレが故障すると、便器洗浄をするのに必要な水量が減ってしまいます。水の勢いが足りないと、便器内の排泄物やトイレットペーパーの流れが悪くなることや、繰り返して詰まることあこともあり得ます。

では、実際にトイレが何度もくり返してつまるとき、どのような修理をするのか、見てみましょう。

何度もくり返しつまりが再発するトイレの修理事例

先日に、「トイレが再びつまったので修理に来てほしい。」とのご依頼がお電話でありました。
どうやら、このご依頼のお電話があった数日前にも別の業者にトイレつまりの修理依頼をしていたようです。こちらは、よくトイレがつまるお宅で、さらに数週間前にも修理を別業者に依頼していたとのことです。つまりこれが3回め。
別の業者の修理は、何やら筒状の道具を使用して5分たらずで直していったとのこと。修理料金を支払い、ようやくトイレつまりから解放された!とお客様は安心していたら、その数日後に再びトイレつまりが…。同じ業者に修理依頼をしても、結果は同じだろうとご判断され、当社に今度は依頼をしてくださったというわけでした。

何度も修理業者を呼んでいるので、お客様はずいぶんお疲れの様子でした…。トイレつまり原因を完全に取り除いて再発しない様にしたいという思いでしょう。

さて、このお宅のトイレつまりは何度もくり返し再発するとのこと。その原因はトイレ排水管にあるのかもしれないとまずは考えて、屋外の排水マスの点検を行いました。
排水マスは、屋外にある排水設備です。ご自宅の敷地内に小さなマンホールのような丸いフタがあるかと思いますが、これが排水マスです。
この排水マスのフタをあけて、排水管内部につまりがないか、見てみました。その結果、特にトイレ排水管には異常は見られませんでした。トイレ排水管にはつまりはないということです。
別の可能性を探ってみます。屋外排水管には不具合はないため、トイレ室内に何かしらつまりの原因があると判断して屋内へ移動してみました。トイレの点検を行います。

何度もつまるトイレ

点検したところ、トイレ便器内にも異物(固形物)が詰まっている様子はありません。ここまでの状況を一旦お客様にお伝えさせて頂きました。そして、便器を取り外して、状況を確認する必要があると判断。このこともお客様にご案内しました。
トイレ便器を床面から取り外すには、別途費用がかかります。今回の修理費用の見積もりをお伝えすると、お客様からは、「もう何度も修理するのは嫌なので、とにかく何でもいいから試してみてほしい。」というお言葉を頂き、同意を得ることもできました。便器を外した様子が次の画像です。

パテとりけミス

上の画像に写るのはフランジパテ。こちらは、トイレ便器と床面の間にあるパーツです。このフランジパテに取り付けミスがあり、トイレ排水管の手前部分が狭くなってしまってました。これでは正常に水が流れていかないのは当然です。このことをお客様にお伝えさせて頂きました。実は、このお宅では、半年ほど前にトイレのリフォームをされていたそうです。お客様はリフォーム後くらいから確かにトイレがつまるようになったと納得しておられました。その時にフランジパテの取り付けミスがあったのでしょう。
パテを正常に取り付け直し、便器を元に戻します。水を流したところ、特につまりなど異常はみられませんでした。お客様は安心されたご様子で、当社としても非常に良かったと感じております。その後、トイレはつまりもなく正常に使えているとお喜びのご連絡をいただきました。

何度もくり返してトイレつまりが再発するときの対処法

何度もくり返しトイレがつまるのは厄介ですよね。毎回修理業者を呼んでいたら、費用もかさみます。ここでままずご自宅でできる対処法についてご紹介します。

【固形物が詰まっている可能性はないか】
トイレに固形物(異物)を落として、さらにそれを知らないうちに流してトイレ便器内に詰まっている可能性はないか考えてみましょう。「いやいや、さすがに固形物を流していれば気が付くでしょう。」と思われるかもしれません。しかし、ご本人さまでも気が付かないトイレ詰まりはあるものです。
例えば、お孫さんが遊びに来ていて、誤ってトイレ便器にオモチャを流してしまうこともあり得なくはないですよね…。トイレ室内に小物を飾る方もいらっしゃいます。こちら、おしゃれでとても素敵なのですが、地震など何かのはずみで小物が落ちて、流れていってしまうこともあるのですよ。
【ラバーカップを使ってみる】
固形物を落とした可能性がない場合は、ラバーカップを使ってみましょう。ラバーカップとは、すっぽんと呼ばれる道具です。ご存じの方も多いですよね。長い柄の先端にお椀型のゴムがついた道具です。こちらを使用してみて、それでも解消しない場合は業者を呼んでください。

ご相談・お申込み

フリーダイヤル:0120-341-321
メールフォームURL:https://tamasuido.com/mailform/

朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料・見積り無料

【対応地域一覧】
東京都多摩地域
東京都多摩地域を中心に周辺地域にも対応しています。
小金井市 / 国分寺市 / 三鷹市 / 西東京市 / 武蔵野市 / 小平市 / 東村山市 / 東久留米市 / 清瀬市 / 東大和市 / 立川市 / 武蔵村山市 / 昭島市 / 日野市 / 八王子市 / 町田市 / 多摩市 / 稲城市 / 狛江市 / 調布市 / 府中市 / 羽村市 / あきる野市 / 福生市 / 瑞穂町 /
東京都23区
練馬区 / 杉並区 / 世田谷区 / 板橋区 / 中野区 / 新宿区 / 豊島区 / 渋谷区 / 目黒区 / 品川区 / 大田区 / 港区 / 千代田区 / 中央区 / 文京区 / 北区 / 足立区 / 荒川区 / 台東区 / 江東区 / 墨田区 / 葛飾区 / 江戸川区

神奈川県

川崎市多摩区・麻生区 /

埼玉県
和光市 / 所沢市 / 新座市 / 朝霞市 /