小金井市,武蔵野市,西東京市,調布市,八王子市などの水道工事,水漏れ,トイレつまり修理

武蔵野市でトイレの水漏れ修理

キッチン、風呂場、洗面所など水回りのトラブルはありますが、なかでもトイレは他と比べて床面への水漏れや便器内への水漏れが多い設備と言えます。

トイレの水漏れは原因によって修理方法が異なるため、最適な修理をするためには、まず点検をして水漏れ原因の特定をすることが大切なのです。

当社は即日対応をしておりますので、お急ぎの方もぜひお声がけください。しかし、当社がどのようなトイレ修理をしているのかわからなければ、依頼しにくいな…と思う方もいますよね。ご安心ください! ここからは実際当社が行った修理事例をご紹介しますので、業者選びのご参考になさってください。

水を流すとトイレタンク下の2本のボルトから床面に水漏れ

タンク下の水漏れ

当社が武蔵野市で行ったトイレの水漏れ修理事例をご紹介します。

お客さまから、「トイレのタンクの下の床に水が漏れているので修理に来てほしい」とのご連絡がありました。
すぐに修理訪問をして、お客さまからいつごろから水漏れしているのかなど、詳しい事情をおうかがいします。

この日の朝、お客さまがトイレ掃除をしていて、ふと床に目線を落としたところ、床面に小さな水たまりを発見。掃除の水が垂れたり、こぼれたりしたわけではなさそうでした。水たまりを不審に思い、トイレ洗浄レバーを回してみたお客さま。水を流すと水たまり部分にポタポタと水が落ちてくることが判明。お客さまいわく、トイレタンクの下から水が漏れているとのこと。

都度、雑巾でふき取っていたそうですが、トイレの水を流すたびに必ず水が漏れてくるので、この日の午後に「トイレ水漏れ 修理 武蔵野市」と調べたところ当社のホームページを発見。いくつか記事を読んでくださり、修理依頼をしてくれました。ありがとうございます。

 

お客さまによるとトイレタンクの下から水が漏れているそうで、まずは原因を特定するために点検から始めます。

 

見てみたところ、お客さまがおっしゃるように確かに水を流すと、トイレタンクの下から水が出てきて床にポタポタと水が垂れています。タンクに何かしらの不具合があると想像ができました。

点検したところ、こちらのお宅のトイレタンクは二層式になっていました。タンクが二重構造になっていて、外側は陶器、内側は樹脂製のトイレタンクがあります。詳しく点検したところ、この二層式トイレタンクの上部から陶器内部に水が漏れしていました。漏れた水がタンクの接続ボルト付近から漏れ出し、トイレ床面に広がっていたのです。水漏れ原因はタンクの上部にあるパーツの破損とわかりました。

衝撃が加わりパーツが破損することがありますが、特に衝撃が加わらなくてもこのようなことはあり得ます。タンクのパーツが破損していることをお伝えしたところ、特にトイレタンクにモノをぶつけたり、落下させた記憶はないとお客さま。おそらく、日々の使用でパーツが経年劣化していたところ、何かのきっかけで破損したのでしょう。

さらに、修理方法や費用のお見積りをお客さまにお伝えして、同意を得ることができたので修理作業を始めます。

破損していたパーツを適合する新しいものへと交換して、様子を見ました。
洗浄レバーを回して、水漏れしていた部分をお客さまと一緒に観察。しばらく見てみましたが、水が漏れてくることはありませんでした。

トイレ床にじわじわと水漏れが広がる

ここからは別のお宅での修理事例を書いていきます。
トイレ床に水がじわじわと漏れ広がることがあります。これは実はちょっと厄介なのですよ。

1つ前で紹介した修理事例では、洗浄レバーを回したときに水が漏れてくる事例でした。こちらはややわかりやすい水漏れですが、水漏れのなかには、トイレ使用後の数十分から数時間経過したころに床に水漏れが広がることもあるのです。

あまりにもゆっくりとじわじわーっと漏れるので、気が付きにくいです。
数十分水漏れを観察して、ようやくわかる程度の量の水漏れということもあります。

朝にトイレを使用して、何事もなくでかけたつもりが、夜の帰宅で水が漏れているなんてことも…。時間差で水が漏れることもあるのです。

このような水漏れの原因はさまざま考えられます。
先ほど紹介したような、二層式トイレタンクの水漏れもあり得ますが、タンク下部からの水漏れや便器下からの水漏れなども可能性として挙げることができます。

トイレの水を流して、すぐに水が漏れればわかりやすいかもしれませんが、じっくりと時間をかけてじわじわと漏れるようなタイプの水漏れは、どこから水が漏れ出しているのかを知るのはご家庭では難しいです。

このような水漏れでは、点検をして水漏れ箇所の特定が重要となります。
しかし、水漏れに気が付くのは業者ではなくお客さまです。当然ですが、お客さまからのご依頼があり、ようやく業者が修理をします。

定期的にご家庭でトイレの点検をして、床に水がたまっていないかなど見ていただくことも大切です。トイレ掃除のタイミングなどで、床が濡れている箇所はないかなど、見てみてくださいね。

武蔵野市でトイレの水漏れを修理した事例

さて、ここからは別の武蔵野市内の吉祥寺駅付近のお宅で行ったトイレ水漏れ修理事例をご紹介していきます。

「トイレ便器に水がジャージャーと流れて止まらないので、修理に来てほしい」というご依頼が入りました。すぐに吉祥寺にある現場にかけつけ、状況をおうかがいします。

お客さまのお話によると、午前中にトイレを使い、レバーを回して水を流したそうです。
ここまでは問題はなかったのこと。そのまま仕事にでかけられ、夕方に帰宅したそうです。仕事を終えて疲れて自宅室内に入ったところ、ジャーっという音が。誰かがいるのかと思った…とおっしゃるお客さま。

家族の方の帰宅時間ではないときに、このような音がしたら驚きますよね。まさか誰かが勝手に入った? オバケ? なんて思ってしまうかも。
おそるおそるトイレ室内を見たところ、トイレ便器に水が流れっぱなしだったそうです。

このようなトラブルは珍しいことではありません。

便器に流れる水が止まらないトラブルはたくさんあり、今回のお宅のようにジャージャーと流れる場合やチョロチョロと少量流れる場合も。
少量ならまだマシですが、ジャージャーと大量に水が流れていると、びっくりされる方も多いです。

この水漏れに驚かれたお客さまはすぐに当社に修理依頼をしてくださいました。このお客さまは新規のお客さまではなく、過去に修理訪問をしたことがありました。知らない業者に頼むよりも、信頼している業者のほうがよいと思って依頼してくださったとのこと。そう言っていただけると嬉しく励みになります、ありがとうございます。

ジャージャー流れるトイレ

点検したところ、トイレタンク内のパーツに不具合があることが判明。お客さまにこのことをお伝えし、修理費用の見積もりを提示したところ、すぐに同意を得ることができましたので、修理作業に入ります。

すでに電話でトイレタンクと便器の品番をお客さまから教えていただいており、あらかじめ修理に必要になるであろうパーツは車に用意してありましたので、その場で修理作業ができました。用意しておいた新しいパーツに交換をして、様子を見ます。
お客さまと一緒にトイレ洗浄レバーを回してみたところ、水は通常通り流れ始めて、しばらくすると水は止まりました。水漏れがないことを確認して対応完了となりました。

ご相談・お申込み

フリーダイヤル:0120-341-321
メールフォームURL:https://tamasuido.com/mailform/

朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料・見積り無料

【対応地域一覧】
東京都多摩地域
東京都多摩地域を中心に周辺地域にも対応しています。
小金井市 / 国分寺市 / 三鷹市 / 西東京市 / 武蔵野市 / 小平市 / 東村山市 / 東久留米市 / 清瀬市 / 東大和市 / 立川市 / 武蔵村山市 / 昭島市 / 日野市 / 八王子市 / 町田市 / 多摩市 / 稲城市 / 狛江市 / 調布市 / 府中市 / 羽村市 / あきる野市 / 福生市 / 瑞穂町 /
東京都23区
練馬区 / 杉並区 / 世田谷区 / 板橋区 / 中野区 / 新宿区 / 豊島区 / 渋谷区 / 目黒区 / 品川区 / 大田区 / 港区 / 千代田区 / 中央区 / 文京区 / 北区 / 足立区 / 荒川区 / 台東区 / 江東区 / 墨田区 / 葛飾区 / 江戸川区

神奈川県
川崎市多摩区/ 麻生区 /そのほかの神奈川県内は応相談。

埼玉県
和光市 / 所沢市 / 新座市 / 朝霞市 / そのほかの埼玉県内は応相談。