小金井市,武蔵野市,府中市,小平市,八王子市など多摩地域と東京23区と川崎市対応の水道工事業者です。水漏れ,トイレつまり修理,キッチン、洗面所、風呂の排水つまりも即日対応

八王子市で異物を流したトイレつまりの修理

トイレットペーパー以外の異物をトイレ便器に落としてしまい、トイレがつまってしまうことがあります。そうなると、ちょっと大変。なぜなら、異物のトイレつまりはなかなかご家庭では直せないのです。

しかし、日頃から業者を呼んでいてる方は少なく、懇意にしている水道修理業者なんていない、という方も。どの業者に修理依頼をしていいのか悩みますよね。そんな方にぜひこのページを読んでいてただきたい…。

このページでは、当社が実際に行ったトイレつまりの修理事例を2つご紹介しております。当社は八王子拠点から即日対応をしている水道修理業者です。トイレつまりの修理や排水管つまりに詳しい職人が異物のトイレつまりのほか高圧洗浄にも対応します。ぜひ業者選びの参考として修理事例を見てみてください。

トイレのつまり修理事例:尿取りパッド

尿取りパッド

当社が八王子市で行った修理事例をご紹介します。

「家族が便器に尿取りパッドを落として、トイレがつまった」との連絡がありました。すぐに修理訪問をして、お客さまから詳しい事情を聞いてみまいした。

お客さまによると、こちらのお宅には高齢のご家族がいらっしゃり、尿取りパッドを使用しているとのこと。尿取りパッドは下着に貼り付けるタイプだそうです。この日の朝、ご家族の方がトイレをご使用の際、尿取りパッドが下着から落ちてしまいました。尿取りパッドが落ちたことにすぐに気が付かず、そのまま洗浄レバーを回してしまったそうで、運悪く流れていってしまったとのこと。

尿取りパッドは吸水ポリマーという素材が使われていて、水を吸うと膨らみます。一見小さく見える尿取りパッドでも、パンパンに大きく膨らんで便器内につまるのです。

尿取りパッドがつまったトイレ

まずはトイレの点検をしました。見たところ、尿取りパッドは便器の手前のほうでつまっている状態でした。そのため、トイレ便器を床面から取り外さずに修理ができるだろうと判断。お客さまに、便器を取り外さずに排水口から修理をすること、具体的な修理方法、費用の見積もりをご案内。

すぐにお客さまから同意を得ることができましたので、お申込みをしていただきました。

今回使った道具は、加圧式手動ポンプ。
こちらは、圧力を利用してトイレつまりを修理する道具です。いわゆるトイレつまりの修理道具として有名なラバーカップ。スッポンとも呼ばれる道具をみなさんご存じでしょうか。長い柄にお椀型のゴムがついた道具のことです。加圧式手動ポンプはラバーカップの数倍の威力があるとされています。

こちらの道具でしばらく作業をしたところ、尿取りパッドを取り出すことができました。

作業後、便器に水を流してみて、トイレの様子を見てみます。水がスムーズに流れていき、つまりが解消されたことをお客さまと一緒に確認ができました。今回は8,800円を修理代としてちょうだいしました。

尿取りパッドの表面が破れると、水を吸ってドロドロになった吸水ポリマーが出てくることがあります。少しでも破れると、便器内に吸水ポリマーが広がって取り出しに苦労するのですが、今回は破れることなく取り出すことができました。
便器排水口から見えている場合であれば、割り箸や手などで取り出すことをおすすめしますが、見えないところまで流れていった場合は業者に修理依頼をしてください。

トイレつまりの修理事例:鍵

キーケース画像

八王子市のとある企業から「社員がトイレに鍵を落としてしまいトイレが詰まっているので修理に来てほしい」とのご連絡がありました。

現場に修理訪問をしたところ、社員の方がいらっしゃいましたので、詰まったトイレに案内していただきます。他の方が使用しないように、「トイレつまり中・使用禁止」と貼り紙がされていました。

依頼をしてくださった社員の方がくわしい当時の状況をお話してくださいました。
朝出勤し、部署に行く前に会社のトイレに入ったそうです。壁のフックにカバンをかけていたところ、フックからカバンの持ち手が外れて、中に入れていた家の鍵が入ったキーケースが便器に落ちてしまったとのこと。ちょうど便器に水を流しているタイミングだったため、流れていってしまったそうです。

家の鍵がなければ帰宅できませんよね…。早めに修理をと思い、すぐに上司に相談して自費で業者を呼ぶことになったのです。「八王子市 トイレつまり 即日対応」とネット検索したところ、当社ホームページをはじめ、いくつか記事やサイトを見つけて、当社を候補に入れてくださいました。とにかく早く修理を希望されていたので、即日対応をしている当社に依頼をしてくださったのです。選んでくださり、ありがとうございます。

家の鍵が入ったキーケースが便器のどのあたりに詰まっているのか、点検してみることにしました。見たところ、便器の奥の方にある様子。今回は便器を床面から取り外す必要があるとわかりましたので、このことを社員の方に伝えます。具体的な修理方法や費用のお見積りをお伝えしたところ、同意を得ることができたので修理作業をはじめていきます。

トイレ床面から便器を取り外して、便器底を見たところ、キーケースが挟まっていました。取り出したあと、便器を床面に設置。水が問題なく流れるかどうかチェックしたところ、スムーズでつまりが解消されたことをお客さまと一緒に確認しました。

社員の方もほっとされた様子。鍵がない、というのは不安ですものね。取り出せてよかったと思います^^

ここまで、尿取りパッドと鍵の修理事例をご紹介してきましたが、当社はどのようなトイレつまりにも修理をしております。検尿カップなどをトイレに落としてしまった場合もお気軽にご相談ください。
トイレ修理は8,800円より承っております。つまったものが便器に奥の方にある場合は、もう少しかかることもありますが、8,800円で修理できることも多くありますよ。少しでも安く修理したい方もぜひお声がけくださいね。

トイレがつまったときの対処法

便器にモノを流してトイレがつまったときの対処法をご紹介します。

【モノが見えているときの対処法】
まだ奥まで流れていかず、トイレ排水口から見えているときは次のような対処法を行ってください。

1.便器内の水が多い場合は減らす
便器内の水が多い場合は減らしましょう。
灯油ポンプやコップを使って減らすとよいですよ。

2.ゴム手袋を着用した手でモノを取り出す
ゴム手袋を着用した手を便器に入れて、取り出しましょう。
手を入れるのに抵抗のある方は、割り箸や菜箸などをお使いください。

【水を流さない】
どんなモノを流しても、トイレの水は流さないでください。
水を流すと、どんどんモノが奥へ移動してしまい状況が悪化します。

【ラバーカップは使用しない】
トイレのつまりと言えばラバーカップ。ご自宅にこちらがあるお宅であれば、「よし、今こそ使う番だ!」と使いたいと思いますよね。
しかし、ラバーカップはトイレットペーパーや排泄物によるつまりにのみ有効です。固形物によるつまりの場合は、悪化する可能性がありますので、作業はなさらないようにご注意ください。

当社にお申込みを頂いたトイレ修理の流れ・フロー

1.到着後に点検をして作業の説明と料金を説明
2.説明内容でよろしければその場でお申込みをお願いしております
3.作業完了後に直っているかをご確認ください。その後にお支払いをお願いいたします。

 

ご相談・お申込み

フリーダイヤル:0120-341-321
メールフォームURL:https://tamasuido.com/mailform/

朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料・見積り無料

【対応地域一覧】
東京都多摩地域
東京都多摩地域を中心に周辺地域にも対応しています。
小金井市 / 国分寺市 / 三鷹市 / 西東京市 / 武蔵野市 / 小平市 / 東村山市 / 東久留米市 / 清瀬市 / 東大和市 / 立川市 / 武蔵村山市 / 昭島市 / 日野市 / 八王子市 / 町田市 / 多摩市 / 稲城市 / 狛江市 / 調布市 / 府中市 / 羽村市 / あきる野市 / 福生市 / 瑞穂町 /
東京都23区
練馬区 / 杉並区 / 世田谷区 / 板橋区 / 中野区 / 新宿区 / 豊島区 / 渋谷区 / 目黒区 / 品川区 / 大田区 / 港区 / 千代田区 / 中央区 / 文京区 / 北区 / 足立区 / 荒川区 / 台東区 / 江東区 / 墨田区 / 葛飾区 / 江戸川区

神奈川県
川崎市多摩区/ 麻生区 / そのほかの神奈川県内は応相談。

埼玉県
和光市 / 所沢市 / 新座市 / 朝霞市 / そのほかの埼玉県内は応相談。