小金井市,武蔵野市,西東京市,調布市,八王子市などの水道工事,水漏れ,トイレつまり修理

川崎市麻生区新百合ヶ丘のトイレつまり修理

トイレつまりはどのお宅でも起こり得ます。どんなに気を付けていても、トイレが詰まってしまうこともあるのですよ。

このページでは、川崎市麻生区と多摩区と周辺地域にお住まいの方向けに次のことを解説しております。

  • 新百合ヶ丘駅近くで行ったトイレ修理事例(トイレ排水管の詰まり)
  • 排水管とはなにか
  • 高圧洗浄とはなにか
  • 川崎市多摩区生田で行ったトイレ修理事例(検尿カップつまり)

当社は川崎市は麻生区と多摩区、その周辺地域にも対応している水道修理業者です。
トイレつまりがある方はぜひご参照ください。

新百合ヶ丘駅近くの工事例(トイレ排水管のつまり)

新百合ヶ丘駅近くにお住まいのお客さまから修理のご依頼がありましたので、詳しい修理内容を画像を交えて紹介いたします。

お客さまから、「トイレが詰まったので修理に来てほしい」という連絡がありましたので、すぐに現場に急行して、詳しい状況などをおうかがいしました。
お客さまは、特に変わったことは何もしておらず、いつも通りにトイレを使っていたとおっしゃっています。

トイレにスマホやポーチなどを落としてそのまま流してしまうと、トイレが詰まることがあるのです。落とした自覚があれば、トイレつまりの原因はわかりますよね。
しかし、原因不明のトイレつまりもあるのです。

さらにお客さまは、「つまる少し前から、水の流れが悪い感じがあった」とおっしゃっていました。
トイレつまりの原因や症状はワンパターンではありません。
ある日突然にトイレが詰まることがあれば、前兆があってからトイレが詰まることもあります。

お客さまは今思えば、水の流れの悪さはつまりの予兆だったと思うけれど、そのときは特に気にせず修理の依頼をする選択肢はなかったとおっしゃっていました。

しかし、前日にトイレットペーパーが流れなくなり、トイレのつまりを感じたそうで、
「新百合ヶ丘 トイレつまり」とスマホで検索したところ、当社のホームページをはじめ、複数の業者のページがヒットしたとのことです。なかでも、当社のホームページには、修理事例が豊富に乗っていて、実績がありそうだと判断してくださり、依頼をしていただきました。どうもありがとうございます。

さっそく、トイレを点検してみます。

トイレ便器

上の画像が今回のお客さまのトイレです。便器内には特に異常はなく、つまりの原因は便器ではなく、トイレの排水管にありました。

排水管という聞きなれない単語が登場しましたので、簡単に解説していきます。

【排水管とは】
排水管は「はいすいかん」と読みます。こちらはパイプのことで、トイレ便器のその先に続いていて、排水管を通った排泄物やトイレットペーパーは下水へと流れていきます。トイレ便器と下水の間のパイプだとお考えください。

排水管は普段の生活では見えませんよね。こちらは、床下に配管されているため目につきません。
パイプ内に引っかかるようなものを流した時などに排水管がつまることもありますが、それだけでなく、排水管の内部に付着物が蓄積することでつまりを引き起こすこともあるのです。

お客さまに許可を得て、トイレ便器を床面から取り外し、ファイバースコープカメラで排水管内部の様子を点検しました。

管内カメラの点検

上の画像は、トイレ便器を床面から取り外して、ファイバースコープカメラの先端を排水管へ差し入れている様子です。

ファイバースコープカメラとは上の画像の左側に写る道具のことで、狭い排水管内部の映像を映し出すことができます。ファイバースコープカメラで排水管内部の様子を見たところ、付着物が確認されましたので、お客さまにお伝えしました。さらにお客さまに、高圧洗浄をご案内させていただき、修理費用、具体的な修理方法についてもお話したところ、同意を得ることができましたので、作業に入ります。

【高圧洗浄とは】
高圧洗浄とは、高い負荷をかけた勢いのある水でパイプ内部を洗浄することで、つまりの原因を取り除く修理方法です。

さて、話題を現場に戻しましょう。

トイレ室内で高圧洗浄をして、さらに屋外でも高圧洗浄をします。屋外にある排水マスのフタを開けて、高圧洗浄のホースを挿し入れます。つまりのかたまりが出てくるまで作業をしたところ、濁っていた水が透明になりましたので、つまりが解消されたと判断しました。トイレ室内に戻り、トイレの水の流れがスムーズでつまりが解消していることを確認済みです。

 

川崎市多摩区生田のトイレつまり修理事例

ここからは、川崎市多摩区生田で当社が行ったトイレつまりの修理事例を紹介していきます。

川崎市多摩区生田にお住まいのお客さまから「トイレに検尿カップを流したらトイレが詰まったので修理に来てほしい」との修理依頼が電話でありましたので、すぐに現場に訪問して詳しいご事情などを聞いてみました。

お客さまによると、健康診断のために朝、採尿をしようとしたそうです。カップに尿を出し、提出用のボトルに尿を移すためにカップを便座の上に置いていたそうです。ボトルに詰め終わり、カップを回収しようとしたところ、手があたり、便器に落としてしまったとのことでした。運悪く、便器に水を流している最中だったため、検尿カップが流れていってしまったそうです。

まさか…! というトラブルですが、このようなことは珍しいことではありません。特に新年度、新生活が始まる4月以降に検尿カップによるトイレつまりは急増しますので、注意が必要です。

最初にトイレの点検をしました。

点検前検尿カップ

こちらが検尿カップがつまっているトイレです。お客さまがおっしゃるように、確かにトイレが詰まっていました。点検したところ、検尿カップは奥の方でつまっていましたので、今回はトイレ便器を床面から取り外す必要あると判断し、このことをお客さまにお伝えします。

さらに、修理に関する費用と修理方法についてお客さまにご案内したところ、すぐに同意を得ることができましたので、作業に入ります。

下の画像はトイレ便器を床面から取り外して、便器の底を撮影したものです。

便器の底(検尿カップを写したもの)

便器排水の出口が丸い筒状になっている部分がおわかりになるかと思います。筒の中に写る白いものが検尿カップで、こちらを取り出しました。

取り出した検尿カップ

検尿カップを取り出したあと、トイレ便器を元に戻して水を流してみたところ、トイレつまりは解消していました。

健康診断のために自宅で検尿をする場合は、カップを落とさないように気を付けましょう。便器やタンクにカップを置くと、なにかのはずみで落としてしまい便器内に流れていってしまう可能性がありますので、ご注意ください。
検尿カップはどこかに置かずに、すぐに袋に入れて処分するか、便器からは離れた場所に置くことをおすすめします。

当社は検尿カップがつまったトイレ、排水管がつまったトイレなど、どのようなトイレつまりにも対応をしておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

ご相談・お申込み

フリーダイヤル:0120-341-321
メールフォームURL:https://tamasuido.com/mailform/

朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料・見積り無料

【対応地域一覧】
東京都多摩地域
東京都多摩地域を中心に周辺地域にも対応しています。
小金井市 / 国分寺市 / 三鷹市 / 西東京市 / 武蔵野市 / 小平市 / 東村山市 / 東久留米市 / 清瀬市 / 東大和市 / 立川市 / 武蔵村山市 / 昭島市 / 日野市 / 八王子市 / 町田市 / 多摩市 / 稲城市 / 狛江市 / 調布市 / 府中市 / 羽村市 / あきる野市 / 福生市 / 瑞穂町 /
東京都23区
練馬区 / 杉並区 / 世田谷区 / 板橋区 / 中野区 / 新宿区 / 豊島区 / 渋谷区 / 目黒区 / 品川区 / 大田区 / 港区 / 千代田区 / 中央区 / 文京区 / 北区 / 足立区 / 荒川区 / 台東区 / 江東区 / 墨田区 / 葛飾区 / 江戸川区

神奈川県
川崎市多摩区/ 麻生区 /そのほかの神奈川県内は応相談。

埼玉県
和光市 / 所沢市 / 新座市 / 朝霞市 / そのほかの埼玉県内は応相談。