小金井市,武蔵野市,西東京市,小平市,八王子市など多摩地域と東京23区と川崎市対応の水道工事業者です。水漏れ,トイレつまり修理,キッチン、洗面所、風呂の排水つまりも即日対応

調布市で異物を流したトイレつまりを格安で修理ができた事例

トイレ便器にうっかりと異物を落として流してしまうトラブルは誰にでも起こり得ます。そもそも異物とは何? という方もいらっしゃいますよね。このページでは、調布市とその周辺地域にお住まいの方向けに、次のことをご紹介しています。

・異物とはなにか
・なぜ多くの異物詰まり修理では便器を取り外すのか
・調布市で行った修理事例(紙オムツつまり)
・格安で修理をするために大切なこと

異物をトイレにつまらせてしまった方は、ぜひご参照ください。

異物を流したトイレつまりの修理なぜ便器を取り外すことが多いのか

異物とはそもそも何か簡単に解説しますね。
異物とは、トイレに流してしまった固形物のことで、トイレットペーパー、排泄物以外のものです。例えば、トイレットペーパーの芯、尿取りパッド、紙オムツ、ボールペン、メガネ、検尿カップ、カイロ、スマホ、文房具、ブルーレット、消臭スプレーのフタ、湿布などがトイレの異物として挙げられます。

異物をトイレ便器に落としてしまい、タイミングが悪く流れていってしまうとトイレがつまる可能性がありますが、こちらはなかなかご家庭では修理ができないのです。そこで修理業者を呼ぶという流れになるのですが、便器を床面から取り外して対応することが多いです。

 

理由その1|便器の奥のほうまで異物が流っているから

トイレ便器を取り外して修理をすることが多い理由で、まず最初に挙げる理由は、便器の奥のほうまで異物が流れていっていることです。

トイレの点検をして異物がトイレ便器の奥の方にまで流れていっている場合は、手前の排水口(水たまり部分)から異物を取り出すことが困難で、やむなく便器を取り外して作業をすることがあります。

 

理由その2|対処法が間違っていた

異物をトイレ便器に落としてそのまま流れていってしまうと、慌ててしまいますよね。トイレをつまらせてしまったなら尚更で、まずはなんとか自分で対処してみようと思われる方もたくさんいらっしゃいます。

ラバーカップ

・トイレ便器に水をジャージャーと流してしまう
・ラバーカップで作業をする
など対処をされる方が多いです。

トイレがつまった状態で便器に水をジャージャー流すと、異物がさらに奥に移動する可能性があるばかりか、トイレ便器に水がたまり溢れることもあります。

ラバーカップ作業も同様です。ラバーカップで修理できるつまりもありますが、どんなつまりにも対応できるわけではありません。無理にラバーカップを使用すると、トイレ便器内につまった異物がさらに奥へ移動してしまうことがあるのです。

ラバーカップ作業をしなければ、トイレ便器手前から取り出せたものの、ラバーカップ作業をしたせいで便器を床面から取り外して、便器の底から異物を取り出すというケースもあるのですよ。

理由その3|不適切な業者

残念ながら一部の修理業者では点検をろくにせず、売り上げを増やすためにすぐ便器を取り外そうとする業者も存在します。便器を床面から取り外す作業はかなりの重労働です。便器を取り外すためには、一度トイレタンクを取り外す必要があり、そのあとに便器を床面から外すのです。トイレタンクも便器も重さがあります。

このような作業が発生するため、どうしてもトイレ便器を取り外す場合は追加料金が発生します。

この追加料金を上乗せするために、ごく一部ですが便器を取り外したがる業者も存在します。他者さま批判はしたくはありませんが、みなさまどうかお気を付けください。

今回、調布市で紙オムツを流したトイレつまりを修理をした内容

さて、ここからは当社が実際に行なった修理事例をご紹介します。

調布市にお住まいのお客さまから、トイレに紙オムツを流してしまいトイレがつまったので修理に来てほしいとの連絡があり、すぐに現場へ急行して詳しい事情をおうかがいしました。

こちらのお宅には小さなお子さんがいらして、育児の忙しさから睡眠不足だったとのことで、お子さんの紙オムツを取り替えて、手に持ったままトイレ室内に行き、便器に流してしまったそうです。ジャーという音で、ご自分が紙オムツを便器に流したことにハッと気が付かれたとのことでした。

紙オムツによるトイレつまりは珍しいことではありません。多くの場合は、ご高齢の方がうっかりと流してしまうケースですが、小さなお子さんを育児中の方からのご依頼もあります。

お客さまは、トイレ便器に紙オムツを流した直後に、すぐに「調布市 トイレつまり 修理業者」とスマホで調べて、当社のホームページを見つけてくださり、依頼をいただけました。ありがとうございます。

最初にトイレの点検をしたところ、確かにトイレはつまっていました。紙オムツはあまり奥までは流れていっていなかったので、便器を床面から取り外さずに修理ができそうだと判断し、そのことをお客さまにお伝えしました。さらに修理方法や修理費用についてもご案内したところ、すぐに同意をいただけました。

トイレ点検

今回は手動式圧力ポンプを使用して修理をしました。しばらく作業をしたところ、無事に紙オムツを取り出すことに成功し、トイレつまりが解消されているか水を流してお客さまと一緒に確認しました。

お客さまからは「格安で修理をしてくれて本当にありがとう」というお言葉をいただきました。嬉しいお言葉をありがとうございます。

実は、当社が現場に到着するまでに、色々お調べになったそうです。「トイレつまり 紙オムツ 修理料金」などスマホ検索をして、修理料金の相場をネットで見ていらしたとのことでした。

すると、「紙オムツによるトイレつまりは、便器を床面から取り外すことが多いから、修理費用が数万円かかることがある」という記事を見つけたそうです。
ある程度、高額な修理費用を覚悟していたお客さまは、今回の修理費用に大変満足していらっしゃいました。

トイレに異物を流した時に安く修理ができるために大切な内容

ここからは、異物を流してしまったトイレを安く修理するために必要なことをまとめます。

ラバーカップは使用しない

すでにご紹介しましたが、ラバーカップ作業をすることでつまりの状況を悪化させる可能性がありますので、異物をトイレに流してつまらせた場合は、使用なさらないようにお願いします。(トイレットペーパーの詰まりには有効です)

水を流さない

こちらもすでにご紹介していますが、水を流すとつまりが悪化しますので、異物でトイレがつまった場合は、水を流さないでください。可能であれば、トイレのご使用も控えていただき、すぐに業者を呼んでください。

ワイヤー工具を使用しない

ワイヤーブラシや詰まり解消道具のワイヤー等がご家庭にある場合は、差し入れて異物をかき出したいかと思います。ワイヤーの代用としてハンガーをすすめるサイトも散見されますが、こちらはおすすめしません。
異物をさらに奥へ押し込んでしまう可能性があるからです。

また、紙オムツや尿取りパッドによるトイレつまりの場合、表面素材が破けて中にある吸水ポリマーがドロドロと出てきてしまうこともあり得ますので、細い道具で突っつかないようにしましょう。

業者はよく選ぶ

これはちょっと難しいですよね…。どの業者が良心的か、そうでないかは事前判断が困難かと思います。電話などで修理の相談をしたときに、ろくに話も聞かずに「トイレ便器を取り外しましょう」と提案する業者は要注意です。事前に見積もりをせずに、どんどんと話をすすめる業者もお気を付けください。

少しでも「怪しい」、「怖い」と感じたら、断って別の業者に依頼することをおすすめします。

 

ご相談・お申込み

フリーダイヤル:0120-341-321
メールフォームURL:https://tamasuido.com/mailform/

朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料・見積り無料

【対応地域一覧】
東京都多摩地域
東京都多摩地域を中心に周辺地域にも対応しています。
小金井市 / 国分寺市 / 三鷹市 / 西東京市 / 武蔵野市 / 小平市 / 東村山市 / 東久留米市 / 清瀬市 / 東大和市 / 立川市 / 武蔵村山市 / 昭島市 / 日野市 / 八王子市 / 町田市 / 多摩市 / 稲城市 / 狛江市 / 調布市 / 府中市 / 羽村市 / あきる野市 / 福生市 / 瑞穂町 /
東京都23区
練馬区 / 杉並区 / 世田谷区 / 板橋区 / 中野区 / 新宿区 / 豊島区 / 渋谷区 / 目黒区 / 品川区 / 大田区 / 港区 / 千代田区 / 中央区 / 文京区 / 北区 / 足立区 / 荒川区 / 台東区 / 江東区 / 墨田区 / 葛飾区 / 江戸川区

神奈川県
川崎市多摩区/ 麻生区 /そのほかの神奈川県内は応相談。

埼玉県
和光市 / 所沢市 / 新座市 / 朝霞市 / そのほかの埼玉県内は応相談。