小金井市,武蔵野市,調布市,立川市,八王子市などの水道工事,水漏れ,トイレつまり修理

スタンプクリーナーを流したトイレつまり対処法と修理

トイレ掃除用のスタンプクリーナーは非常に便利ですが、うっかりと便器内に落として流してしまうとトイレが詰まる場合があります。もしもトイレにスタンプクリーナーが詰まったらどうしたらよいのでしょうか。このページでは、万が一にスタンプクリーナーを流したときの対処法や、やってはいけないことをまとめています。また、当社が行った修理事例についても画像を交えてご紹介していますので、ご参照ください。

スタンプクリーナーを流して詰まったトイレの修理事例

瑞穂町にお住まいのお客様から、「プラスチックをトイレ便器に流してしまい、トイレが詰まってしまった。すぐに修理に来てほしい。」とのご連絡がお電話で入りました。
その日のうちに瑞穂町の現場に修理訪問をし、まずはお客様から詳しいお話をお伺いしました。お客様によると、お電話でおっしゃっていたプラスチックとはトイレ掃除用のスタンプクリーナーのことで、トイレの水を流したタイミングで手からクリーナーが落ちて、便器の中に流れていってしまったそうです。

スタンプクリーナーがトイレ便器内のどのあたりに詰まっているのか、詰まりの状況を把握しないからには修理方法が決められませんので、まずトイレの点検から始めていきます。

今回のお宅のトイレはタンクレストイレのレオレストでした。タンクレストイレとは、便器の背面や壁などにトイレタンクがついていないタイプのトイレのことです。

ネオレスト点検

点検をしてみたところ、確かにスタンプクリーナーがトイレ便器内に引っかかって詰まりを起こしている状態でした。修理道具として持参していた加圧式ポンプを使用して、修理を試みましたがこれではスタンプクリーナーを取り出すことができませんでした。お客様に、トイレ便器を床面から取り外す必要があるということや、修理費用のお見積り、修理方法などをお客様にご案内したところ、お客様が同意をしてくださいました。便器をトイレ床面から取り外していきます。

便器内には水が溜まっていますので、作業がしやすいよう水を抜いておきます。また水の飛び散り対策のために、トイレ室内の養生も行っています。

便器を床面から取り外すと、排水ソケットがあらわれます。排水ソケット部にスタンプクリーナーを発見しました。

トイレ便器取り外し

排水ソケットを通過していたら、トイレ排水管まで流れていっていました。もしも排水管まで流れてしまっていたら、修理は非常に困難だと想像します。排水管手前で取り出すことができて、良かったです。

スタンプクリーナー

取り外していたトイレ便器を元に戻して、お客様と一緒に正常にトイレの水が流れていくかを確認致しました。

トイレ便器にスタンプクリーナーが詰まっているのか確認する方法

トイレにスタンプクリーナーを流してしまっても、スタンプクリーナーは細いため、便器内で詰まらずにそのまま流れていくこともあります。ご自宅で便器内にスタンプクリーナーが詰まっているのかどうかを確認する方法をここではご紹介します。

まず、トイレットペーパーを多めにとってトイレに流します。この動作をに3度ほど繰り返してみてください。その時に便器の水かさが増えたり、あふれそうになったり、あふれたりした場合はトイレ便器内にスタンプクリーナーが詰まっているので業者を呼んでください。
便器の水かさが増えずに、コポコポかボコボコという音がしない場合は、そのまま使って様子をみてください。

トイレにスタンプクリーナーを流してトイレが詰まった時の対処法

万が一にトイレにスタンプクリーナーを流してしまい、トイレが詰まった場合は、ここでご紹介する対処法をお試しください。

【最初にトイレのコンセントを抜く】
タンクレストイレをご使用の場合は、まず最初にトイレのコンセントを抜いてください。これななぜかと言いますと、タンクレストイレは通常は電気を使って水を流しています。オート洗浄機能が備わったタンクレストイレもあり、コンセントを入れたままにすると、自動で何度も便器に水が流れてしまうのです。

便器内にスタンプクリーナーが詰まっている可能性がある場合は、早めに業者に修理依頼することをおすすめします。また可能であれば、修理までトイレの使用を控えることもおすすめ致します。

トイレにスタンプクリーナーを流したときにやってはいけないこと

トイレにスタンプクリーナーを流してしまうと、色々な作業方法を試したくなるかと思います。ネットは便利で検索すると様々な情報が得られ、どれも効果がありそうですが、中にはやってはいけない作業方法もございます。ここでは、トイレにスタンプクリーナーを流した時にやってはいけない作業方法をご紹介しています。

【ラバーカップを使わない】
トイレ詰まり道具として非常に有名なラバーカップ。すでにご存じかと思いますが、ラバーカップとは、細い棒状の胴体の先端にお椀型のゴムがついた道具です。多くは黒色のゴムがついています。ラバーカップで作業をしてしまうと、スタンプクリーナーがさらに奥へと移動する可能性が非常に高いです。せっかくご自宅にあるからと試したくなるかもしれませんが、逆効果になりますので、作業はしないようお気を付けください。

【ワイヤーブラシを使用しない】
ワイヤーブラシをトイレ排水口から挿し入れて作業をする対処法もありますが、こちらもスタンプクリーナーをより奥まで移動させる可能性がございます。

ご相談・お申込み

フリーダイヤル:0120-341-321
メールフォームURL:https://tamasuido.com/mailform/

朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料・見積り無料

【対応地域一覧】
東京都多摩地域
東京都多摩地域を中心に周辺地域にも対応しています。
小金井市 / 国分寺市 / 三鷹市 / 西東京市 / 武蔵野市 / 小平市 / 東村山市 / 東久留米市 / 清瀬市 / 東大和市 / 立川市 / 武蔵村山市 / 昭島市 / 日野市 / 八王子市 / 町田市 / 多摩市 / 稲城市 / 狛江市 / 調布市 / 府中市 / 羽村市 / あきる野市 / 福生市 / 瑞穂町 /
東京都23区
練馬区 / 杉並区 / 世田谷区 / 板橋区 / 中野区 / 新宿区 / 豊島区 / 渋谷区 / 目黒区 / 品川区 / 大田区 / 港区 / 千代田区 / 中央区 / 文京区 / 北区 / 足立区 / 荒川区 / 台東区 / 江東区 / 墨田区 / 葛飾区 / 江戸川区

神奈川県

川崎市多摩区・麻生区 /

埼玉県
和光市 / 所沢市 / 新座市 / 朝霞市 /