小金井市,武蔵野市,調布市,立川市,八王子市などの水道工事,水漏れ,トイレつまり修理

キッチンシンク下の収納で水漏れが!原因と修理例

このページでは、キッチンシンク下にある収納内に水が漏れる原因や実際に当社が行った修理事例についてご紹介しています。

武蔵野市のキッチンシンク下収納の水漏れ修理事例

武蔵野市にお住まいのお客様から、「キッチンシンク下の収納内で水が漏れている。どこから水が漏れているのかがわからない。なるべく早く修理に来てほしい。」とのお電話が入りました。すぐに修理訪問してお客様から詳しいお話を聞いてみたところ、キッチンで洗い物中に気が付いたら履いている靴下が濡れていたそうです。水が跳ねたのかと思って見てみたところ、足元に水が少したまっていたとのこと。水漏れを疑って、キッチンシンク下収納内を確認したら、収納内の床が濡れていたそうです。このように洗い物など水仕事中に靴下が濡れることで水漏れに気が付くことがございます。

実際にどこから水が漏れているのかなど状況を把握するためにキッチンの点検を行いました。

キッチン点検

点検の結果、このお宅のキッチンでは、排水トラップに使用されているゴムパッキンが劣化していることが判明しました。お客様にゴムパッキンの劣化があることと、ゴムパッキン交換修理の費用などをご案内させて頂いたところ、すぐにご了承を頂くことができました。さっそく修理に入ります。道具を使用して、排水トラップを取り外します。

トラップ取り外し中

排水トラップを外した状態が下の画像となりますのでご覧ください。

排水トラップ外した後

排水トラップを外した状態でシンクの真上から撮影しています。緑色のものは、水受けとして設置したバケツです。ゴムパッキンが設置されていた下のステンレス部分にサビがありましたので、ペーパーヤスリを使用してサビを落としていきます。サビが落ちたら、新しいゴムパッキンに交換をして、外していた排水トラップを元に戻します。

ゴムパッキン交換

下の画像がゴムパッキン交換修理後です。

修理後キッチンシンク

最後にキッチン水栓から水を出して、水漏れがないかお客様と一緒に確認をしました。

修理後シンク下

シンク下収納内を確認したところ特に水漏れはございませんでした。

今回のお宅は水漏れに早く気がついた為に木部の腐食は見られませんでしたが、キッチンシンク下収納内での水漏れは、発覚が遅れることもあります。なぜなら、少量の水漏れだと収納扉を開けても気がつかない場合や、漏れ出た水が足元に流れずにシンク下に流れてしまうことがあるためです。収納内の床材が水に濡れてままになっていますと、板の腐食の可能性もありますので、水漏れに気が付いたらすぐに修理依頼することをおすすめ致します。

キッチンシンク下収納内で水が漏れる原因とは

修理事例でシンク下の水漏れ原因の1つをご紹介しましたが、同じシンク下収納の水漏れでも原因が異なることがあります。考えられる水漏れ原因をいくつかご紹介しますので、水漏れがしているお宅はご自宅の水漏れがどれにあたるのか確認してみてください。

【排水経路が詰まって水が漏れる】
キッチン水栓から出た水は、排水口、排水トラップ、排水管を通っていきます。この排水経路のどこかで詰まりが生じると、水が正常に流れなくなるのです。詰まりと水漏れは関係がないようにお感じになるかもしれませんが、詰まりが原因で水が漏れることもあるのですよ。その仕組みを簡単にご紹介します。
排水経路のどこかで詰まりが生じると、水がスムーズに流れません。詰まりの状況によっては逆流してくることもあるのです。キッチン排水の接続部にはわずかなすき間があり、そこから排水が逆流して漏れ出ることがあるのです。
排水つまりによる水漏れは、大量に水が漏れるため、早めに水漏れが発見される傾向にあります。排水管が詰まっている場合は、高圧洗浄機などを使用して詰まりの修理を行うこともありますが、排水トラップの詰まりなどでは圧力ポンプなどの道具で比較的短時間で修理ができる場合もございます。

【水栓のジャバラホースに穴が開いて水が漏れる】
シャワー引出しタイプのキッチン水栓をお使いの場合は、シャワーのジャバラホースが設置されていて、キッチンシンク下収納内部までジャバラホースが続いています。このジャバラホースは、設置して10年か20年が経年すると劣化で穴や亀裂が入ることがあります。
ジャバラホースに穴が開いているのに気が付かず、そのままキッチン水栓を使用していると、シンク下収納内で水が漏れます。ジャバラホースからの水漏れの発覚も早期に気が付くことがありますが、水が漏れてから数日後に気が付くということもあり得ます。

主なキッチンシンク下収納内に水が漏れる原因は、ここまででご紹介した排水詰まりとジャバラホースの2つです。しかし他にも考えられる原因がありますので見てみましょう。

【その他の原因】
・キッチン水栓取り付け部からの水漏れ
キッチン水栓の取り付け部から何らかの原因で水が漏れていて、その漏れた水がシンク下収納内にまで広がっている可能性もございます。

・キッチンシンクにあいた穴からの水漏れ
シンクがサビることで小さな穴が開き、その部分から水が漏れてシンク下収納内に水が広がることもあり得ます。サビはフォークなど食器をシンク内に置いておくことでサビ移りするなどが原因となります。ついつい洗い物は億劫になりますが、フォークやスプーンなどはシンクに長く放置しておかないようにしたいですね。

・排水経路の各接続部からの水漏れ
今回のお宅の水漏れ原因が排水トラップ接続部に使用されているパッキンの劣化だったように、ゴムパッキンの劣化が原因で水漏れすることもあります。排水設備の接続部にはゴムパッキンが使用されていることもあるのですが、パッキンが劣化すると接続部にゆるみが生じることで水が漏れます。

排水詰まりとジャバラホースの穴による水漏れ以外の水漏れは漏れ出る量が少なく、お住まいの方が水漏れに気が付きにくい傾向があります。

このように、キッチンシンク下収納内での水漏れは、原因が複数ありますので、経験豊富なプロの目で点検をして水漏れ箇所を特定する必要があります。当社はキッチンシンク下収納内の水漏れ修理を得意としておりますので、お気軽にご相談ください。また費用についてですが、水漏れの原因によって修理方法が異なりますので、現地での点検後とさせていただきます。予めご了承ください。

キッチンシンク下収納内の水漏れは早めの修理を

キッチン収納内の水漏れに気が付いたら早めの修理依頼をおすすめ致します。なぜなら、収納内の床材は防水処理がされていないため、水が漏れて染み込むと板の腐食など二次被害の可能性が出てきます。1階ではシロアリ被害や2階以上のお宅では階下漏水の可能性も…。不動産価値が下がることも懸念されます。当社は、対応地域内であれば可能な限り即日対応を行っておりますので、お急ぎのお客様もお気軽にお問合せください。

排水口サイズによってパッキンの大きさは異なります

このページをご覧の方で、「パッキンの交換くらいなら自分でやってみよう!」と思われる方もいらっしゃるかと思います。排水口パッキンの交換DIYはトラップ工具があればご家庭でも可能ですが、1つだけ注意点がございます。キッチンの排水口は大きさが複数あり、その大きさによってパッキンの大きさも異なりますので、適合しない場合があるのです。もしもインターネットやホームセンターなどでゴムパッキンをご購入される方は、排水口サイズをしっかりと計測してくださいね。
一般的な排水口サイズは次のものとなります。
114mm、115mm、180mm、186mmです。
もしもご自宅でのパッキン交換がご不安な場合もどうぞお気軽に当社へご相談ください。

ご相談・お申込み

フリーダイヤル:0120-341-321
メールフォームURL:https://tamasuido.com/mailform/

朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料・見積り無料

【対応地域一覧】
東京都多摩地域
東京都多摩地域を中心に周辺地域にも対応しています。
小金井市 / 国分寺市 / 三鷹市 / 西東京市 / 武蔵野市 / 小平市 / 東村山市 / 東久留米市 / 清瀬市 / 東大和市 / 立川市 / 武蔵村山市 / 昭島市 / 日野市 / 八王子市 / 町田市 / 多摩市 / 稲城市 / 狛江市 / 調布市 / 府中市 / 羽村市 / あきる野市 / 福生市 / 瑞穂町 /
東京都23区
練馬区 / 杉並区 / 世田谷区 / 板橋区 / 中野区 / 新宿区 / 豊島区 / 渋谷区 / 目黒区 / 品川区 / 大田区 / 港区 / 千代田区 / 中央区 / 文京区 / 北区 / 足立区 / 荒川区 / 台東区 / 江東区 / 墨田区 / 葛飾区 / 江戸川区

神奈川県

川崎市多摩区・麻生区 /

埼玉県
和光市 / 所沢市 / 新座市 / 朝霞市 /