小金井市,武蔵野市,府中市,小平市,八王子市など多摩地域と東京23区と川崎市対応の水道工事業者です。水漏れ,トイレつまり修理,キッチン、洗面所、風呂の排水つまりも即日対応

東村山市でブルーレットを流したトイレつまりの修理

トイレにモノを流したとご連絡をいただくことが多いのですが、流したモノはご家庭によりそれぞれで、多種多様なモノが詰まるようです。

そのなかでもこのページでは、トイレの芳香洗浄剤ブルーレットによるトイレつまりの修理事例を紹介いたします。

  • トイレの芳香洗浄剤ブルーレットを落としてしまうシチュエーション
  • ブルーレットを落としてしまったときの対処法
  • ブルーレットがつまったトイレの修理事例(東村山市)

上記のことを記載していますので、ぜひご参照ください。

タンクの上に置くタイプのブルーレットをトイレに流してしまう?

トイレ便器になぜブルーレットを流してしまうのか…と思う方もいらっしゃるでしょう。ブルーレットを流してしまうシチュエーションはさまざま考えられますので、ここではその可能性について記載していきます。

【手が当たって便器に落としてしまった】

トイレタンクの上に置くタイプのブルーレットがあります。こちらはトイレタンクの上に乗っているだけですので、手など体が当たってしまうと、コロっと落ちてしまう可能性があります。

こちらの画像をご覧ください。

タンクの上のブルーレット

上の画像がトイレタンクの上に置くタイプのトイレ洗浄剤です。

手が当たってしまって便器に落としてしまうことは絶対ないとは言い切れませんよね…。

【交換時に落としてしまった】

ブルーレットなどトイレ洗浄剤は、効力が永遠に持続しません。適切な時期に交換が必要です。交換作業をしようとしていて、うっかりと手からこぼれて便器に落としてしまうことがあります。

特に片手で古いブルーレット、もう片方の手で新しいブルーレットを持っていると、落としやすくなります。ちょっとここに置いておこう! と思って置いておいても、なにかのはずみれ落としてしまうことがあります。

【棚の上に置いたはずの予備がなくなっている】

自覚がなくてブルーレットをトイレ便器に通して流してしまっていることがあります。
例えば、予備のブルーレットをトイレの棚に置いたとしましょう。地震などの何かしらのきっかけでブルーレットが棚から便器に落ちしまっていて、そのことに気が付かずにトイレで用を足すと、排泄物などと一緒にブルーレットまで流してしまうのです。

トイレつまりが疑われた場合、トイレの棚に置いてあるはずのブルーレットがなくなっていないかも見てみましょう。

【子どもが便器に流してしまった】
小さな子どもが誤ってブルーレットをトイレ便器に流してしまうこともあり得ます。
ブルーレットって宝石のようで綺麗に見えることがありますよね。本人としては流すつもりはなくても、綺麗で触っているうちに、うっかり手からこぼれてトイレ便器に落としてしまうことがあるのです。

落とした時の対処法

トイレ便器にブルーレットを落としてしまったときの対処法をご紹介します。

【水を流す前:手袋を着用した手などで便器から取り出す】

まずブルーレットを便器に落としてしまっただけであれば、すぐに取り出してください。便器に手を入れることに抵抗がある方は、手袋を着用して手で取ってください。割り箸で取ることもできますが、つかみそこねてしまうこともありますので、手で取ることが確実です。

【水を流す前:水を流さない】
取り出すのは面倒で、いっそのこと流してしまおうと思う方もいらっしゃるでしょう。しかしブルーレットはトイレ便器に流すと、つまってしまいます。水で流さないようにしてください。

【流してしまった場合:シリコンヘラなどで取り出す】
タイミングが悪くて、水で流してしまうこともあるかと思います。流してしまって便器から見えなくなった場合でもトイレ便器排水口のすぐ近くにあるかもしれません。道具を使って手前にかき出してみましょう。
道具ですが、シリコン製ヘラを使用するのがおすすめです。

ネットでは、ハンガーを変形させて取り出す方法が掲載されていることがあります。しかし、これは水道修理業者としてはおすすめできません。トイレ便器は塗装が施してあるので、ハンガーを使うと傷をつけてしまう可能性があるのです。柔軟に曲がるキッチンツールのシリコンヘラがよいでしょう。木べらは折れる可能性があるので、おすすめしません。

※ラバーカップは使わないでください※
トイレつまりというとラバーカップを想像する方が多いですよね。ラバーカップとは、棒状の道具でその先端にお椀型のゴムがついているもののことです。ご自宅のトイレ室内のすみに置いている方もいらっしゃるでしょう。こちらを使いたくなるかもしれませんが、つまりが悪化する可能性があります。ブルーレットがつまったときは、ラバーカップを使用しないようにしてください。

ブルーレットのトイレつまりを修理した工事例

ここからは実際に当社が行ったブルーレットのトイレつまり修理事例をご紹介します。

東村山市内にお住まいのお客さまから、「トイレにブルーレットを落として流してしまったので、修理に来てほしい」とのご連絡がありました。

すぐに東村山市内の現場へ修理訪問をして詳しい事情をおうかがいしました。

お客さまによると、トイレの洗浄剤がちょうど交換のタイミングだったので、新しいものに変えようとなさったそうです。普段はトイレ便器のフタを閉じているそうですが、この日はたまたまフタをあけたままだったとのこと。
取り換えのために古いトイレ洗浄剤を持ったところ、手が滑ってそのまま便器に落としてしまったそうです。それだけならともかく、たまたまトイレ便器に水を流しているタイミングだったため、流れていってしまったとおっしゃっていました。

…なるほど、事情はわかりました。このようなトラブルは珍しいことではないのですよ。
トイレの洗浄剤を交換する作業ってあまり頻度が高くはないですよね。慣れない作業であるため、このようなトラブルが起こりえます。

最初にトイレ便器を点検してみました。

ブルーレットがつまったトイレ

トイレ便器の奥の方にブルーレットがつまっていることがわかりましたので、お客さまにこのことを報告します。修理はトイレ便器を床面から取り外す必要があり、そのことをご案内し、具体的な修理方法や修理費用の見積もりをご案内しました。すぐにお客さまから同意してくださり、申込みをしていただけましたので、作業をはじめます。

トイレ便器を床面から取り外し、便器の底を確認したところ、ブルーレットがひっかかっていました。取り出したブルーレットがこちらです。

取り出したブルーレット

こちらがこのお宅のトイレつまりの原因です。
取り外していたトイレ便器を元に戻して、トイレ便器に水を流してみたところ、水の流れはスムーズでつまりは解消されていました。

どんなトイレつまりにも対応します

当社はトイレつまりの修理をしている水道修理業者です。今回はブルーレットによるトイレつまりをご紹介しましたが、ブルーレット以外のトイレつまりにも対応しておりますので、どのようなトイレつまりでもお声がけください。

ご相談・お申込み

フリーダイヤル:0120-341-321
メールフォームURL:https://tamasuido.com/mailform/

朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料・見積り無料

【対応地域一覧】
東京都多摩地域
東京都多摩地域を中心に周辺地域にも対応しています。
小金井市 / 国分寺市 / 三鷹市 / 西東京市 / 武蔵野市 / 小平市 / 東村山市 / 東久留米市 / 清瀬市 / 東大和市 / 立川市 / 武蔵村山市 / 昭島市 / 日野市 / 八王子市 / 町田市 / 多摩市 / 稲城市 / 狛江市 / 調布市 / 府中市 / 羽村市 / あきる野市 / 福生市 / 瑞穂町 /
東京都23区
練馬区 / 杉並区 / 世田谷区 / 板橋区 / 中野区 / 新宿区 / 豊島区 / 渋谷区 / 目黒区 / 品川区 / 大田区 / 港区 / 千代田区 / 中央区 / 文京区 / 北区 / 足立区 / 荒川区 / 台東区 / 江東区 / 墨田区 / 葛飾区 / 江戸川区

神奈川県
川崎市多摩区/ 麻生区 /宮前区 / 横浜青葉区 / 相模原市 /そのほかの神奈川県内は応相談。

埼玉県
和光市 / 所沢市 / 新座市 / 朝霞市 /志木市 / 富士見市 / 三芳町 / 戸田市 そのほかの埼玉県内は応相談。