小金井市,武蔵野市,調布市,立川市,八王子市などの水道工事,水漏れ,トイレつまり修理

掃除ブラシが折れたトイレつまりの修理例

ナイロン素材の掃除ブラシを使用してトイレ便器の掃除をされる方も多いのではないかと思いますが、このブラシの先端が折れてトイレに詰まるというトラブルが増えてきています。このページでは、掃除ブラシが折れて詰まったトイレの修理事例を2パターンご紹介しております。もしものことがあれば、ご参照ください。

折れた掃除ブラシが詰まったトイレの修理事例(1)

「掃除ブラシを使用してトイレ掃除をしていたら、ブラシの先端が折れてしまった。水を流しているときにブラシが折れたので、トイレにブラシが詰まった。修理に来てほしい。」とのご連絡をお電話で頂戴しました。

すぐに現場に修理訪問させて頂き、お客様から詳しいお話をお伺いしました。
お客様によると、トイレ便器の掃除を、掃除ブラシを使用して行っていたそうです。そのとき掃除ブラシの先端が折れてしまい、さらに水に流れていったために、トイレにブラシの先端が詰まったそうです。

トイレ便器の汚れはときどき頑固なものがありますよね。つい力を入れてゴシゴシしたくなるお気持ちわかります。力がブラシ先端に加わって、柄が折れてしまったのでしょう。ただ単に折れただけではトイレは詰まりません。今回のお客様は運悪く、トイレの水が流れているときにブラシが折れたために、ブラシ先端が流れてしまいトイレを詰まらせたのです。

トイレの掃除ブラシの先端が便器のどのあたりに詰まっているのか、この段階ではわかりません。ブラシがどこに詰まっているのかによって、トイレ修理の方法が異なりますので、まずはトイレ詰まりの状況を点検してみることから始めます。お客様がおっしゃるように確かにトイレが詰まっていました。

加圧式ポンプを使用してみて修理ができるか試してみましたが、こちらでは対処ができませんでした。

ブラシが詰まったトイレの点検

今回の掃除ブラシ先端の詰まりを修理するには、便器を床面から取り外す必要があると判断。
便器の排水口付近にブラシが詰まっていれば、道具で取り出せたかもしれませんが、今回は運悪く床の近くまで流れていっているようでした。便器を床面から取り外す必要があることをお客様にお伝えさせて頂き、具体的な修理方法と費用のお見積りをご案内。お客様からはすぐに承諾を得ることができましたので作業に移ります。

まずは、トイレ便器の取り外しです。トイレ便器にも水がたまっていますので、こちらの水もあらかじめ抜いておきます。
便器はナットやネジで固定されていますので、こちらを外します。固定ネジを外すことができたら、便器をゆっくりと持ち上げてトイレ床面から外します。下の画像の黒く見えるパーツは排水ソケットです。ここからトイレ排水管へと続きます。

便器取り外し

ちょうどブラシが排水ソケットに引っかかるようにして詰まっていました。ブラシを取り出したあとは、便器やタンクを元に戻します。取り外したときとは逆の手順で取り付けていきます。
便器のネジ1つをしめるだけでも繊細な力加減を必要とします。あまりネジをキツくしめすぎると、便器に負担がかかり破損の原因となることがあります。当社スタッフは経験豊富な職人ばかりですので、職人の感覚を頼りにネジを閉めていきます。作業後に、トイレの水を流して、詰まりが解消されているかお客様と一緒に確認をしました。

折れた掃除ブラシが詰まったトイレの修理事例(2)

このページの前半でご紹介したトイレブラシが詰まったお宅とは別のご家庭での修理事例をご紹介します。

お客様から「トイレ掃除をしていたら、ブラシの先端が取れてしまった。トイレが詰まったので修理に来てほしい」とのご依頼がお電話でありました。すぐに練馬区内のお宅へ修理訪問をし、詳しい事情などを伺いました。

この日の午前中に掃除ブラシが先端がポキっと折れて流れていったそうです。ちょうど水を流したタイミングだったために、そのまま流れたブラシの先端がトイレに流れてしまいました。そのため、トイレに詰まったのです。掃除ブラシ先端が折れただけでは詰まることはありませんが、今回のお客様も流してしまったがために、トイレが詰まりました。トイレ詰まりは早い対応が必要とお客様は考えられ、すぐにインターネット検索で当社を見つけて修理依頼をしてくださったとのことでした。

掃除ブラシが詰まってからまだ時間はそれほど経っておらず、トイレは一度も使用していないとのことでした。
一度もトイレを使用していないということは、詰まってからは水を流していないことになります。
そのため、こちらのお宅では、まだ掃除ブラシが便器の奥まで移動していない可能性があると思いました。まずは圧力式ポンプという道具を使用して、修理作業をしたところ、掃除ブラシを取り出すことに成功。

ポンプ作業

なんと3分で修理作業が完了しました。このページ前半でご紹介したお宅では便器をトイレ床面から下り外しましたが、こちらのお宅はその必要がありませんでした。

このようにトイレブラシの詰まりといっても修理方法やかかる時間などは異なります。
可能であれば、詰まりが発覚してからはトイレのご使用を控えて頂くことをおすすめ致します。

掃除ブラシがトイレに詰まった時にやってはいけないこと

掃除ブラシがトイレに詰まったら、どうにかして自分で取り出したいですよね。ネットは非常に便利で、「掃除ブラシ トイレ 詰まり 修理方法」などと検索すると色々な情報を得ることができます。しかし、その情報はすべて正しいと言えるのでしょうか。
残念ながら、一部のネットの情報は間違っていることがあるのです。ここではトイレに掃除ブラシが詰まったときにやってはいけないことをまとめます。

【水でジャージャー押し流さない】
いっそのこと水の勢いを使ってジャージャーと押し流してしまおう、と考えられる方もいらっしゃいます。ブラシの先端くらい流れていくだろうと…。しかし、残念ながらトイレ便器内でひっかかる可能性が高いです。またしっかりと詰まって水が流れていかない状態で水をどんどん流すと便器に水がたまるいっぽうに。水での押し流しはやらないよう気を付けてください。

【ネットでおすすめな道具が逆効果なことがある】
ネットでは、ラバーカップやワイヤーブラシなどを勧めていることがあります。ラバーカップとはいわゆるスッポンのこと。お椀型のゴムがついたトイレ詰まり修理の道具で、見たことがある方も多いでしょう。こちらは、掃除ブラシをさらに奥へ移動させる可能性があるので、使用はおすすめできません。
ワイヤーブラシも同様です。ブラシがついたワイヤータイプの道具ですが、便器排水口から挿し入れて、ツンツンと掃除ブラシを奥へ押し込む可能性があります。奥まで移動してしまうと、修理がより困難になることがありますので、ワイヤーブラシのご使用もお控えください。

トイレブラシが折れて見えなくなったときは、すぐに業者に修理依頼することをおすすめ致します。
当社であれば、可能な限り即日対応で早めに伺います。どうぞお気軽にご相談ください。

ご相談・お申込み

フリーダイヤル:0120-341-321
メールフォームURL:https://tamasuido.com/mailform/

朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料・見積り無料

【対応地域一覧】
東京都多摩地域
東京都多摩地域を中心に周辺地域にも対応しています。
小金井市 / 国分寺市 / 三鷹市 / 西東京市 / 武蔵野市 / 小平市 / 東村山市 / 東久留米市 / 清瀬市 / 東大和市 / 立川市 / 武蔵村山市 / 昭島市 / 日野市 / 八王子市 / 町田市 / 多摩市 / 稲城市 / 狛江市 / 調布市 / 府中市 / 羽村市 / あきる野市 / 福生市 / 瑞穂町 /
東京都23区
練馬区 / 杉並区 / 世田谷区 / 板橋区 / 中野区 / 新宿区 / 豊島区 / 渋谷区 / 目黒区 / 品川区 / 大田区 / 港区 / 千代田区 / 中央区 / 文京区 / 北区 / 足立区 / 荒川区 / 台東区 / 江東区 / 墨田区 / 葛飾区 / 江戸川区

神奈川県

川崎市多摩区・麻生区 /

埼玉県
和光市 / 所沢市 / 新座市 / 朝霞市 /