小金井市,武蔵野市,調布市,立川市,八王子市などの水道工事,水漏れ,トイレつまり修理

フラッシュバルブ式トイレの修理をする水道業者です

最近は一般家庭で見ることが減ったフラッシュバルブ式トイレですが、大勢のご利用者が居る公共施設や商業施設のトイレで数多く採用されています。今回はフラッシュバルブ式トイレの水漏れ修理例やフラッシュバルブ式トイレに起こりやすい水漏れなどの不具合をご紹介します。

三鷹市のフラッシュバルブ式トイレの修理事例

三鷹市にお住まいのお客様から、「トイレのレバー部分から水が漏れているので、修理に来てほしい。」とのご連絡をいただいて現場へ急行しました。

下の画像がレバー部分から水漏れするトイレです。

水漏れフラッシュバルブ

ご家庭では画像のようなトイレは見かけないかもしれませんが、公共用トイレや商業複合施設のトイレにはこのようなフラッシュバルブ式トイレのトイレが採用されています。
スタッフが水漏れ原因を調べるために点検を行いました。

下の画像をご覧ください、レバー取り付け部分から水滴が落ちていました。

水漏れ中フラッシュバルブ

レバー部の水漏れは、よくある水漏れと言えます。フラッシュバルブ内に使用されているパッキンや内部パーツの劣化により、このように水漏れがするのです。
今回の水漏れも内部パーツの不具合と考えられました。お客様に修理の同意を頂きましたので、レバーを取り外して内部パーツを交換します。

フラッシュバルブ取り外し

フラッシュバルブのレバー部分を取り外し、内部パーツを交換しました。最後に、レバーを動かして便器洗浄を行い、水漏れがないか、問題なく洗浄できるかをお客様と一緒に確認致しました。

当社は、一般のご家庭の個室トイレの修理だけでなく、このように公共施設や商業施設内のトイレの修理を行っております。フラッシュバルブ式トイレの修理をお考えの方も、どうぞお気軽にご相談ください。

フラッシュバルブ式トイレとは

一般の家庭では見かけることがありませんが、みなさま一度は学校や病院など公共施設でフラッシュバルブ式トイレをご使用されたことがあるかと思います。ここでは簡単にフラッシュバルブ式トイレについて紹介します。
一般的なトイレと異なり、フラッシュバルブ式トイレはタンクがありません。タンク式トイレでは、便器に水を流すとタンクに水が溜まるまでに時間がかかり、その間は流すことができませんが、フラッシュバルブ式トイレだと連続のトイレ洗浄が可能です。連続で水を流せるため、多くの人が利用する公共のトイレではフラッシュバルブ式トイレが多く採用されています。

最近では手かざしセンサーがあるフラッシュバルブ式トイレや、体温などに反応する自動フラッシュバルブも増えてきました。しかし、手で触れて動かすタイプのレバータイプですと、衛生面で抵抗があり、レバーを足で踏んで便器の洗浄をされる方がいらっしゃいます。足の強い力が加わると、内部パーツに不具合が生じて、今回の事例のように水漏れすることがあるのです。

他にもフラッシュバルブ式トイレで考えられるトラブルがありますので、これからご紹介します。

フラッシュバルブ式トイレのトラブル

フラッシュバルブ式トイレのレバー部からの水漏れはすでにお分かりいただけたかと思います。フラッシュバルブ式トイレのトラブルは他にどんなものがあるのか、一緒に見ていきましょう。

・便器接続部からの水漏れ
下の画像赤色部分がフラッシュバルブと便器の接続部です。

便器接続部

フラッシュバルブと便器の接続部に使用されているパッキンやパーツが劣化しますと、接続部にゆるみが生じて水漏れすることがあります。劣化したパッキンやパーツを交換することで修理が可能です。

・押しボタン部からの水漏れ
フラッシュバルブ式トイレはレバー式ではなく押しボタン式もございます。男性用小便器に採用されていることが多い押しボタン式ですが、この押しボタン部から水が漏れることがございます。
押しボタンとフラッシュバルブ本体の接続部に使用されているパッキンの劣化や内部パーツの劣化などでこの部分から水が漏れます。パッキンを交換して水漏れ修理が出来る場合もありますが、押しボタンを交換する場合もあります。

・水の勢いが弱くトイレットペーパーが残る
フラッシュバルブにはピストンバルブというパーツがあります。ピストンバルブ内のフィルターにゴミが溜まると、便器に供給される水の量が減ります。そのため、水の勢いが弱くなり、通常なら流せるはずのトイレットペーパーが残るというトラブルがあります。この場合は、フィルターの掃除をすることで修理が可能です。

・トイレ使用後に水が止まらない
フラッシュバルブ内に使用されているパーツが故障するとトイレ洗浄水が止まらなくなることがあります。その場合は水道の元栓を閉めて取りあえず止水をしてから業者を呼ぶことをお勧めします。
【対処法】
万が一、トイレ使用後に水がジャージャーと流れて止まらない場合は、トイレ止水栓を閉めることで応急処置ができます。止水栓を見つけましたら、止水栓を右回り(時計回り)に回して閉めてください。

このように、フラッシュバルブ式トイレの不具合はさまざまあり、当然ながら修理費用も異なります。不具合のあるパーツが廃盤になっているなど、パーツの取り寄せが困難な場合は、フラッシュバルブ本体を交換することがございます。当社は修理や交換前に必ず修理内容のご説明と修理費用の見積もりをお客様に提示させていただき、同意を頂いてから作業をしております。万が一に内容にご不明点などがありましたら、すぐにスタッフにお声がけください。

ご相談・お申込み

フリーダイヤル:0120-341-321
メールフォームURL:https://tamasuido.com/mailform/

朝8時00分から夜8時00分(土日も営業)
即日対応・出張無料・見積り無料

【対応地域一覧】
東京都多摩地域
東京都多摩地域を中心に周辺地域にも対応しています。
小金井市 / 国分寺市 / 三鷹市 / 西東京市 / 武蔵野市 / 小平市 / 東村山市 / 東久留米市 / 清瀬市 / 東大和市 / 立川市 / 武蔵村山市 / 昭島市 / 日野市 / 八王子市 / 町田市 / 多摩市 / 稲城市 / 狛江市 / 調布市 / 府中市 / 羽村市 / あきる野市 / 福生市 / 瑞穂町 /
東京都23区
練馬区 / 杉並区 / 世田谷区 / 板橋区 / 中野区 / 新宿区 / 豊島区 / 渋谷区 / 目黒区 / 品川区 / 大田区 / 港区 / 千代田区 / 中央区 / 文京区 / 北区 / 足立区 / 荒川区 / 台東区 / 江東区 / 墨田区 / 葛飾区 / 江戸川区

神奈川県

川崎市多摩区・麻生区 /

埼玉県
和光市 / 所沢市 / 新座市 / 朝霞市 /